<   2010年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Hurt Locker

アカデミー賞の「Hurt Locker」を鑑賞。

もし今の日本で戦争が始まってしまったら、自分はその世界に絶対耐えられない。それでも自分の身内や友人が傷ついた時、憎しみのあまり銃を握り締めるのだろうか。もう自分では想像を超え過ぎた世界で、わからない。きっと頭がおかしくなる。そんなことを考えてた。

疲れた~クタクタ。
こんなにも緊張しっぱなしもつらい。

そりゃ映像とかすごいよ、自分がほんと戦場にいるような感じで戦争映画をここまで撮れるのは、すごいことだと思うけど2回見たいとは思わない。僕はアバターの方が娯楽として好きだな。
c0197505_1514556.jpg

[PR]
by sakuben | 2010-04-14 01:58 | MOVIE

Green Pop SSS!!! (Sugar Spring Special)

c0197505_14302756.jpg

名古屋でのライブ。写真は中央道諏訪湖のサービスエリア。
ここでプレクトラムチームと合流。今年は諏訪大社で「御柱祭」だったみたいだね。あの迫力を一度は見てみたいもんだ。

名古屋着いて恒例のひつまぶしを食す。
これを食べにライブ入れるんだよなんていう声をたまに聞くけど、うなずけるかなりの美味さ。幸せです。これだけで名古屋に来た感じを十分満喫、満腹、満足に感じられ寝てしまいたい気分に。

ライブはエレキベースも一緒でした。皆いいライブでよかった~僕も感化され頑張りましたよ。
ここのライブハウス「ロックンロール」はやるたびに音がやりやすくなるな。はじの新兵器が功を奏したか?名古屋の皆さんどうもありがとう~また食べに行きま~す!
c0197505_14311310.jpg

[PR]
by sakuben | 2010-04-12 14:44

劒岳

映画「劒岳 点の記」を鑑賞。
明治時代末期、日本地図を完成させるために信念と勇気をもって困難な山岳測量に取り組んだ男たちを描いた映画。

素晴らしい・・・山の景色はもちろんいいんだけどそれよりも、そこにいる人々の思いに熱く心打たれた。大袈裟な感動シーンではなく淡々と進める感じが、今の僕にはたまらなくヒットです。原作は新田次郎。山の小説家ですね。

今では当たり前に地図が見れる時代。
あの頃の人達が体を張って頑張ってきたことが、今の僕らに繋がっている。あの頃の人達に笑われないように、誇り高き人でいたいと常々思います。

今年の春は吸収する時期なのかな。いっぱい色々なものを見て聴いて触れて感じています。
これが僕の血となり肉となり新たな創作に結びつけばいいんだけど・・・
c0197505_1422440.jpg
あまり余計なことは考えずに素直に受け止めていきたいと思うな。
[PR]
by sakuben | 2010-04-10 01:49 | MOVIE

桜川

今日はリハーサル。

名古屋が近いからね。

最近ギターの音を変えたりして上手く鳴らせない時が多々ある。音って難しいなぁ。こんだけやってきてもまだまだ難しい。一人でいい音と思っててもバンドで混ざるとイマイチだったり、人がいい音出してて弾かせてもらうと自分ではそれほどいい音に思えなかったり・・・そんなにいい音じゃないのが実はバンドには良かったり・・・

弾き手にあったそれぞれの音があるんだけどね。

まだまだたどり着けないの~
c0197505_1321424.jpg

[PR]
by sakuben | 2010-04-09 01:42

Jamie cullum

Jamie cullumのJapanツアー、JCBホール行って来ました~

もう最高~キャー!オレが女だったら惚れちゃうな~ってキモイね。

今回の新しいアルバム「Pursuit」を中心にジャズはもちろん多彩なポップスを聞かせ、みせるみせる。やんちゃなパフォーマンスも彼ならではの持ち味で、十分楽しめた。ベンフォールズを思い出したね。やんちゃなピアノマンはかっこいい。バンドメンバーも良かった。

でもジェイミーはなんといってもあの美声でしょう。生で初めて聴いたけど、圧巻。浸っていたくなるような最高のボイス。なんなんでしょうか、あの色気は。素晴らしいステージでおもわず、Tシャツ買っちゃったよ~

JCBホールは見やすくていいね。
c0197505_114588.jpg

[PR]
by sakuben | 2010-04-08 01:25 | music

knave

春ツアーの大阪。南堀江knaveでのライブ。

なんか堀江の辺りってオシャレなとこみたいらしく、確かにそんな風なお店とか多かったな。オシャレ大好きな僕にはうってつけです。・・・なんて。
今回はココロロコさんのお誘いを受けて来たんだけど、昔ハックルのライブに来てたというメンバーさん達。いい人達でした。嬉しいもんですよ。

打ち上げでは、アンプのボリュームだったり、演奏アレンジとかだったり、いろいろと質問攻めに遭ったけど、それだけ真剣なんだよね。うちもそれほど出来てるわけじゃなんだけどね。なんだか図に乗ってベラベラと話してしまいます。

knaveのスタッフの方々も皆いい人達で、またやりたいね。見に来てくれた皆さんどうもありがとう。
大阪はこの日気持ちのいい春日和だった~
c0197505_22371343.jpg

[PR]
by sakuben | 2010-04-05 22:39

period

c0197505_21153627.jpg

ステンレス解散ライブ。

どんな顔してやるんだろうか、どんな雰囲気なんだろうか、なんていえばいいんだろうか・・・いろんな思いが入り混じってライブに行ったけど、さすが関西人なのかな~
解散さえもちゃんと楽しんじゃって、物販まであって恐れ入ったわ。ほんと。

MCでも言ってたけど「え~次のライブは・・・」っていきそうなぐらい、実に和んでいたライブだった。でも最後は涙。今までの思いが溢れてきた。

彼らがいたから僕らも頑張ってやってこれた。ステンレスには負けたくない。きっと彼らも同じだったと思うけど・・・そのぐらい近い存在のバンドが終わってしまう。数々の終わっていくバンド達の中で同期のバンドはほんと少なくなった。悔しい。実に悔しい・・・本人達が一番そう感じているよな。あの名曲達は残り続けても、二度と演奏されずにいるなんて・・・

僕だったらあんなに爽やかに終わりを迎えることができるだろうか。それぐらい見事なハッピーな終わり方だった。かっこよかった。悲しかったけどなにより楽しかったと思わせるこの気持ちはステンレスの力なんだと思う。こんなにもまだ力のあるバンドなのに。僕らにはわからない何か割り切った思いがあるように思えた。

時間という限られた中で僕らは音を鳴らしているわけで、いずれは必ず終わりが来る。
どこに終わりを決めるか、ステンレスは4月3日解散した。
大谷兄、ヤス、ケンちゃん、ムーくん、そしてスタッフのテラッチお疲れ様。そしてありがとう。
一緒にやれてほんとよかった。
c0197505_21402262.jpg

[PR]
by sakuben | 2010-04-05 22:01

license

運転免許を取ってから、かれこれだいぶ経つ。
早めに取っておいて良かったな。

やっぱり運転は楽しい。

僕の初代のマイカーはカローラのツードアクーペでマニュアル。いまじゃ考えられないね。TE-71って型だったかな。ただでもらった。ボロボロでね。ボンネットに2、3個穴が開いてた・・・でも嬉しかったな~意味もなく走り回ってた。点数切られて免停になったこともあるけど、今ではゴールド免許ですよ。なんたって自転車だからね。

日頃乗ってないからバンドの移動の時は僕も運転することは多い。ハックルは三人とも運転が好きな方なので、もめたりしない。もっぱらはじが多いけどね。

今度は大阪、安全運転で行きましょ。
c0197505_127033.jpg

[PR]
by sakuben | 2010-04-03 01:33

春風

仙川駅前での夜桜コンサート。

もう十年も行っているそうです。

この桜は街のシンボルだからね。大事にしていきたいと実行委員のおじいちゃんが話していました。

弦楽奏、声楽、津軽三味線、様々な演奏に続いて僕も少し歌わせて頂きました。
c0197505_041418.jpg



なんてのはウソ。
あっ、エイプリルフール過ぎちゃった・・・
[PR]
by sakuben | 2010-04-02 00:45