人気ブログランキング |

カテゴリ:MOVIE( 45 )

son of ranbow

c0197505_0435254.jpg

キュートな映画だった〜
胸キュン。

僕は幼い頃、欽ちゃんの仮装大賞に出る!って張り切った覚えがある。
結局、その思いは実現しなかったし、なんで辞めたのかも覚えてないけど、
その熱くなった思いだけは、なんでだか覚えてる。

不良映画を見た後、自分が強くなった気がして、肩で風切って歩いてみたり、
あの頃のピュアな心はなんでも吸収する、まるでスポンジ。
その分、夢中になりすぎて見失ったり...余計なものまで吸い取ってしまったり...

幾つになっても、あの当時の心は真ん中の奥の方に
ある気がするんだな〜
by sakuben | 2010-11-25 01:02 | MOVIE

tron

だいぶ昔に「トロン」って映画があったんだけど、今度新しいのやるんだね。
懐かしいなぁ〜なんていうか分かりやすいデジタルな感じというか...当時では最先端の映画で衝撃的だった。

こないだ美容院で店員の子が、その昔の「トロン」のTシャツを着てて、
好きなの?って聞いたら、映画は見てなくてデザインで着てるんだと。

ジェネレーションギャップってやつか...
さっそくおじさん特有の映画説教してしまいそうになるが止めときました。
僕もインパクトだけでどんな内容か忘れてしまったんだよね。
今度借りて見てみよ。
c0197505_4172240.jpg

by sakuben | 2010-09-16 04:23 | MOVIE

南極料理人

c0197505_23242572.jpg

映画「南極料理人」を鑑賞。

やっぱり食べることなんだよね。
どんなに落ち込んだって、どんなに辛くったって、
おいしいもの食べることでしあわせになれちゃう。

愉快でいながらも、淡々と進むストーリー
堺雅人はまり役だね。
出てくる料理は、どれもおいしそうなものばかりで、
食べっぷりが最高です。
男ってこうなんだよね〜
by sakuben | 2010-06-28 23:26 | MOVIE

Le Concert

c0197505_0525290.jpg

「オーケストラ」を鑑賞。

かつてロシア・ボリショイ交響楽団で天才指揮者と呼ばれたアンドレは、いまやさえない劇場清掃員。ある日、劇場に届いた「出演できなくなった楽団の代わりのオーケストラを探している」というFAXを目にした彼は、とんでもないことを思いつく。それは彼と同じく、いまや落ちぶれてしまった、かつてのオーケストラ仲間を集め、ボリショイの代表としてこのコンサートに出場するというものだった…。

この内容だけで、見てみたい!と思っていた作品。
「オーケストラ」ってタイトルならば、もう少し楽団だけに焦点を当ててた方が好きかな。
この内容ならば洋題のタイトルでいいと思った。
フランス映画もだいぶ変わってきたのかね、こんなコミカルなの作るんだなって。

ラストのチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は感動。
6/9ロックの日にチャイコフスキー。なんともロックですな。
by sakuben | 2010-06-10 00:56 | MOVIE

EIGER NORTH FACE

映画「アイガー北壁」を鑑賞。
ドイツ映画って重厚な創りのイメージであまり見てなかったけど
c0197505_0511088.jpg
これまた凄い映画です~
剱岳の時も相当過酷なロケだと思ったが、これもどうやって撮ってるんだか。とにかく想像以上の雪山の世界が、痛いほど伝わってくる。

悲しい~切ない~寒い~う~。山は好きだけど、こんな辛い登山はキツ過ぎる~
やっぱり美しい自然の世界の裏には、必ず過酷な自然が潜んでいるもんなんだね。

この映画はヒットラー政権下のドイツ。この時代なんてまだまだ登山技術も進んでいないのに、当時の人達は果敢に立ち向かって行ったんだな。(実話ですよ)剱岳と同じ様に時代背景とストーリーが良く出来てて、山とか特に好きでもない人でもいいと思います。

それにしても悲しい~
by sakuben | 2010-05-13 00:55 | MOVIE

UP

「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞。

ずっと見たかったんだよな~
評判にもなってた序盤の回想シーン、もの凄くいい。

これだけで二人の関係性がどれくらい濃いものだったかがわかるから、凄いな。
あとのシーンでも惹かれるところが幾つもあったけど、全体的にはよく出来たファミリー映画。

それと後半カールじいさんはスーパーじいさんになっていく。杖いらないでしょ。
まぁそんなの抜きでいいとは思うけど。いいストーリーでした。
c0197505_12870.jpg

by sakuben | 2010-05-11 01:05 | MOVIE

THE WRESTLER

映画「THE WRESTLER」鑑賞。

ミッキーローク好きだったな~
かなり前のネコパンチでのボクシング試合ですっかり評判落としてしまった感じだったけど・・・
彼の映画も当時いっぱい見た。「エンゼルハート」、「ナインハーフ」、「イヤーオブ・ザ・ドラゴン」・・・
時代は流れるな~信じられないほどの変わり様。別人だ。

昔は「ジョニー・ハンサム」って手術したら顔が、ミッキーロークになってるって映画もあったぐらい男前だったのに・・・でもこの映画、今のミッキーには物凄く合ってる。ほんとレスラーだ。ストーリーは身に染みるほど切ないけど、プロレスの裏側が見れておもしろい。段取り決めとか、凶器とか、打ち合わせなど・・・
c0197505_282179.jpg


子供の頃プロレスが大好きで、親父がやらせなんだと言うことに真剣に腹を立てたことを覚えてる。いつからそういうことを知って受け入れていくんだろう。プロレスの在り方を認めることって僕にとって大人になる第一歩だったんだろうな。受け入れる前の僕が観ていたら、ウソだ!って大泣きしてるぐらいリアルな映画。不器用な男の生き様が、芝居とは思えない。波乱万丈のミッキーだからこそ出来る役なんだな~

プロレスといえば、アメトーークのプロレス芸人で取り上げられてた大谷晋二郎。
なんか熱くて感動したな~
by sakuben | 2010-04-28 02:14 | MOVIE

Hurt Locker

アカデミー賞の「Hurt Locker」を鑑賞。

もし今の日本で戦争が始まってしまったら、自分はその世界に絶対耐えられない。それでも自分の身内や友人が傷ついた時、憎しみのあまり銃を握り締めるのだろうか。もう自分では想像を超え過ぎた世界で、わからない。きっと頭がおかしくなる。そんなことを考えてた。

疲れた~クタクタ。
こんなにも緊張しっぱなしもつらい。

そりゃ映像とかすごいよ、自分がほんと戦場にいるような感じで戦争映画をここまで撮れるのは、すごいことだと思うけど2回見たいとは思わない。僕はアバターの方が娯楽として好きだな。
c0197505_1514556.jpg

by sakuben | 2010-04-14 01:58 | MOVIE

劒岳

映画「劒岳 点の記」を鑑賞。
明治時代末期、日本地図を完成させるために信念と勇気をもって困難な山岳測量に取り組んだ男たちを描いた映画。

素晴らしい・・・山の景色はもちろんいいんだけどそれよりも、そこにいる人々の思いに熱く心打たれた。大袈裟な感動シーンではなく淡々と進める感じが、今の僕にはたまらなくヒットです。原作は新田次郎。山の小説家ですね。

今では当たり前に地図が見れる時代。
あの頃の人達が体を張って頑張ってきたことが、今の僕らに繋がっている。あの頃の人達に笑われないように、誇り高き人でいたいと常々思います。

今年の春は吸収する時期なのかな。いっぱい色々なものを見て聴いて触れて感じています。
これが僕の血となり肉となり新たな創作に結びつけばいいんだけど・・・
c0197505_1422440.jpg
あまり余計なことは考えずに素直に受け止めていきたいと思うな。
by sakuben | 2010-04-10 01:49 | MOVIE

King of pop

買っちゃった~「THIS IS IT」 やっと見ました~

なんかこれを見てスーパースターマイケルも、ある意味普通のアーティストだったんだなって安心した。あまりにも世間から掛け離れてしまってる人だったから、どんなものなのか半信半疑だったんだけどね。
ほんと性格いい人だったんだろうな。そんな感じがした。

リハーサルのときの、力抜いた歌で多少ピッチがよれたりとか、到底見ることできない部分ばかりで貴重な映像だね。
物凄いライブを考えていたんだな~
c0197505_0205099.jpg

そういえばアル・ヤンコビックはどうしたんだろうか・・・
by sakuben | 2010-03-30 00:27 | MOVIE