人気ブログランキング |

カテゴリ:MOVIE( 45 )

Moonrise Kingdom

「ムーンライズキングダム」を鑑賞。
ボーイスカウトで少し頼りなさそうな男の子と、コケティッシュでクールな美人の女の子、共に12歳の子供二人が小さな島で駆け落ちするストーリー。
その二人に翻弄される大人達。ユーモアたっぷりで、かわいいな〜それでいてどこか不思議な独特な世界観。「ダージリン急行」などの監督、ウェスアンダーソンによる作品なんだね。色合いもいい雰囲気出てました〜

音楽も面白くてね、最後のエンドロールでは様々な楽器の組み合わせで終わる。
でもこんな幼い頃に、こんなキレイな子と恋に落ちるなんて...映画はいいね〜
c0197505_2414969.jpg

by sakuben | 2013-03-04 02:46 | MOVIE

Vatican

ローマ法王が退位されるそうで...
自ら辞めるなんてことは、そうある話しじゃないみたいですね。
高齢が理由とのことだけど、一説には「やりたいことをするため」とも...

ちょうどこないだ映画の「ローマ法王の休日」を見たばっかりだったから、少し驚いた...
現実にあるんですね〜
映画は、まぁローマ法王と枢機卿達の内側部分が、リアルに描かれているから、社会勉強的には面白いかもしれないけど、エンターテインメントで考えると...う〜んいまいち。
邦題にだまされたって感じだったな〜けっして楽しい映画じゃないですよ。

でもヴァチカンには一度行ってみたいな。
c0197505_2222153.jpg

by sakuben | 2013-02-13 02:23 | MOVIE

the way


c0197505_0352219.jpg
「星の旅人たち」を鑑賞。
この映画は正に僕好みの、ど真ん中の映画で最高だった!
素晴らしい〜!

息子のために旅する父親が、出会う人々や出来事の中で、自然と自分の旅に変わっていく。
その過程を押し付けることなく、ほんとに一緒に旅してる気分にさせてくれる素晴らしい作品だった。僕も新たな旅に出よう。

邦題の「星の旅人たち」よりも「the way」の方が僕は好きだな。
by sakuben | 2013-02-09 00:38 | MOVIE

LIFE OF PI

東京の雪は予報に反してあまり積もらなかったね。
良かったと思いつつも、正直少し残念な気持ちもある...

映画「ライフ オブ パイ」を観て来ました。
3Dはきっと酔ってしまうと思って2Dで。正解だった〜荒波のシーンとか多いからな。
パイという少年が青年になってから、トラと漂流し大人になるという話しではあるんだけど、その漂流するまでの経緯などしっかりと描かれているし、ラストはあれっ?って驚きの展開もあり、宗教色も強く出ているのでただの冒険映画ではないね。
それにしても映像はよくできているな〜どうやって撮影しているのかってCGなんだろうけど、ここまで来るともうなんでも出来ちゃうね。

僕は映画のイントロ部分が結構大事だと思ってて、この映画のイントロはGOOD!
僕の好きな動物達の映像にPOPな文字が粋な形で描かれている。いいスタートだった〜
c0197505_2405755.jpg

by sakuben | 2013-02-07 03:14 | MOVIE

Les Misérables

話題のレミゼラブルを鑑賞。
こんなにも泣くかっていうぐらい涙流して見てました。
別にミュージカルが凄い好きな訳ではないし、このストーリーだって知っている。
でもなんなんだろうか、この圧倒される力の持ちよう。あっという間の2時間半。

僕は10年以上前、帝国劇場のレミゼラブルを見に行きました。当時のディレクターで友人のK氏の影響もありミュージカルを初めて見ました。もちろんその時も良かった印象はあるけれど今回ほどの衝撃ではなかった。というかそこまで感じる事ができる自分ではなかったのが正直なところ。しかも舞台は日本語でもあるしね。舞台と映画とを比較してはいけないだろうけど、こんなにもいい歌の連続なのかって改めて知りました。舞台の時のスタッフが映画にも携わっているみたいなので映画も舞台同様に歌の連続。そのパワーたるや、圧巻。キャストも文句なし。よく出来てるな〜

黒人の奴隷達が悲しみを綴ったのがブルースであるように、悲しみに浸る思いをその場その場でメロディーに乗せる。酒場での無邪気なしぐさや悪だくみには、陽気なメロディー。怒りや憎しみにはみんなが一斉に高々と声をあげる勇者の思い。その場面場面で生まれる言葉をメロディーで綴ることでより思いが広がり深くなる。なんだか上手く説明できないけど、歌の生まれる原点を見ているようなそんな気がしました。これがミュージカルなんだと...

今なんとなく沈みがちな、冷え込んだこの国に必要なエネルギーがこの映画にはいっぱい詰まっている、そんな風にも思い多くの人に見てもらいたいと思いました。
c0197505_2481416.jpg

by sakuben | 2012-12-27 02:54 | MOVIE

恋するロンドン狂騒曲

c0197505_08506.jpg

ウディアレン監督の「恋するロンドン狂騒曲」を鑑賞。
こないだの「ミッドナイト、イン、パリ」からそれほど経っていないがもう新作。
凄いなウディ!めちゃくちゃ仕事してる!

今回も登場人物全てに欠点があり問題があるが、どの人物もウディアレンならではの演出で可笑し過ぎる。彼の映画はそれほど大掛かりな派手な展開などないが、登場人物の描き方が彼独自の世界で作り上げられているから、そこにはまった人は見ちゃうんだよな〜
どこか神経質な感じで、優しく、ユーモアがある。いいアメリカをいつでも見れるんだ。ほんと彼のような人が実は政治家よりもアメリカを引っぱっているのかもしれないね。
まだまだこれからもチャーミングで粋な映画をつくってもらいたいと思った。
by sakuben | 2012-12-19 00:16 | MOVIE

まじょたく〜

ジブリの中で何が一番好き?って言われると、僕は決まって「魔女の宅急便」って答えてます。魔女のキキが大人に成長していく話なんだけど、誰もが大人になっていく過程で経験する悩み、迷い、焦りなどがとてもよく描かれていて解りやすいし、ちゃんと大人にむけた内容になっていると思うんだな。もう20年ぐらい前の作品になるんだね、僕のフェイバリットな作品です。

キキが飛べなくなって土手で練習したり、絵描きの友達のところへ行ったりするシーンがお気に入りで今でも胸が熱くなる〜無意識にやっていたことを意識的にやろうとすることで出来なくなるって、よくわかるな〜また見ようっと!
c0197505_1125077.jpg

by sakuben | 2012-11-24 01:15 | MOVIE

orion

c0197505_044784.jpg

今日はオリオン座流星群なんだね〜まだ見えるのかな?

先日、V6の岡田くん主演の「天地明察」を見に行きました。監督は「おくりびと」の滝田洋二郎監督。
実際にいた安井算哲という現在の暦を作った人の伝記で、江戸前期にこういう人がいたことで今の世の中が平穏に暮らしていけるわけなんだよな〜と目から鱗でした。
空に馳せる思い、昔の偉人は実に夢多き人だ〜
by sakuben | 2012-10-22 00:50 | MOVIE

Midnight in Paris

c0197505_2165599.jpg
吉祥寺のバウスシアターでウディアレンの「ミッドナイト、イン、パリ」を鑑賞。
安い日で1000円だった〜見たい映画だっただけに嬉しい。

1920年代のパリを敬愛する主人公がタイムスリップし、自分が心酔してやまないアーティストたちと巡り合う奇跡の日々をつづる。社交性に欠ける主人公を、『ダージリン急行』のオーウェン・ウィルソンが熱演。彼の婚約者を、『きみに読む物語』のレイチェル・マクアダムスが好演する。第84回アカデミー賞作品賞ノミネート。

冒頭、パリの街の美しさをこれでもかっていうぐらい映し出すところでもう掴まれる〜くぅ〜粋な映画!さすがはウディアレン、今回もまた一癖ある人物達に、歴史上の人物まで。彼の手にかかれば、なぜだがユニークで、嫌な奴でもちっとも嫌な気がしない。色味も抜群で音楽も気が利いている。俳優達もいいところから引っぱってくるな。とにかくウディアレンは女の子が大好きでモテ男だから、出演する女優陣がいつもかわいいし、綺麗だ。だから僕にはたまらないさ〜
by sakuben | 2012-06-07 02:18 | MOVIE

ARTIST

久しぶりに映画館へ。
なかなか見に行く機会がなくて、やっと見ました「アーティスト」

サイレント映画を映画館で見たのは初めてでした。
父親がチャップリンが好きで良く見せてもらってた。今でも「街の灯」はDVDを持っています。温もりがありながら、言葉のない切なさのある独特の演出技法に、昔から惹かれていました。

最近よく思うことに、その時代に生きて来た人達には、どれだけ勉強してもかなわないものがあるなって思うんです。父はきっと若き頃に見たその時代の空気を、映画を見ながら感じているんだろうと思うんです。僕らがビートルズが好きでいっぱいアルバム聴いて吸収しても、あの当時を生きていた人達の感じ方には到底勝てないような気がするんです。東京タワーにしても僕らの愛着心よりもあの時代に生き抜き、建設されていくのを見つめ続けてきた人達の心には、僕らよりもはるかに大きく映っている気がするんです。だからこそ、その時代一つ一つに意味があって、僕らにしかない時代があるんだと思うんです。「マイジェネレーション」だね。スカイツリーを今後見上げる若き世代がこれからどんどん生まれて、あの塔を大事に思うのかそれはわからないけど、僕らが感じているこの時代はかけがえの無いものなんだよな〜なんて感じています。

なんだか長くなっちゃったけど今回の「アーティスト」はそんなサイレント映画の時代の移り変わりと恋愛が上手く表現されていて、とても素晴らしく心が揺さぶられた。
これは昔を映し出した僕らの時代のサイレント映画。親父にもすすめてあげよう。
c0197505_1145949.jpg

by sakuben | 2012-05-24 01:18 | MOVIE