人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 936 )

9/30は草加の嵐

c0197505_00190423.jpg
4ヶ月連続ツーマン、タイマン張りましょシリーズ(勝手に言ってます...)、1回目が久しぶりのライブだったTalk to me。デイジーバーがいっぱいでした〜2回目がGONDA BANDと渋谷SONGLINESで山をヤマを愛する者が集まったアコースティックライブ。そして3回目が同志Clingonと下北沢CLUBQueで。どれもが濃い内容で良き仲間達と共に音を鳴らしてきたなと。自画自賛させてください(笑)。それぐらい素晴らしいライブをお互いできたなと。そして今月末、9/30に下北沢CLUBQueの22周年シリーズで第4回目、最後のツーマンになります!

お相手は「初恋の嵐」。
このバンドとは、ボーカル、ギターの西山達郎氏が2002年に亡くなる前に、NHK-FMの公開収録のライブで一緒でした。それ以来の対バンなんです。もちろん彼の残した曲の素晴らしさから、今でもゲストボーカルを迎え活動しそのライブは圧巻。もう前になるけどAXで観たライブの豪華さは半端なかった。僕らはベースの隅倉弘至氏と古くからの付き合いがあり、彼が初恋の嵐に入る前のバンドでは、よく下北沢のガレージで一緒にやったものです。たけ兄は特に同じベース仲間として、メレンゲのツヨシを交えてよく3人でいるのを見ますね。

そのベースの隅くんとドラムの鈴木正敏氏、マーくんとたけ兄とで先月ぐらいに打ち合わせを兼ねて飲みました。打ち合わせっといっても、すぐに好きなミュージシャンの話か、楽器の話になってしまうんですけどね(笑)。
今回のツーマン企画はやっぱり同世代の頑張っている仲間と一緒にできているところに大きな意味を成しているかなと。長く生きてくれば様々な問題や事情などでなかなか思うようには活動なんてできなくなってくるんですよね。ましてやバンドなんて特に。初恋の嵐の二人にとっては中心人物がいなくなるなんてそれこそ通常であれば終わってもおかしくない。それでも音を鳴らす意味、価値を常にメンバー同士で感じているんじゃないかなと僕は勝手に思い尊いものだと感じているんです。

初恋の嵐はメンバー二人とゲストミュージシャンとして、guitarに木暮晋也(Hicksville)氏、木暮さん久しぶりです!さらにguitarに玉川裕高氏、keyに高野勲氏という強力メンバー。そこにゲストボーカルでメレンゲのクボケンジ氏とセカイイチの岩崎彗氏が決定。二人とも最高の歌い手だし、久しぶりに会えるのが楽しみだ。

だいぶ涼しくなり、夏はもうすっかり抜けてしまった感じですけど、そんな秋の夜長にぴったりな夜になること間違いないですね。「草加の嵐」ってタイトルだけどね(笑)....
ハックルでも予約受付しています。番号が早めがいい方は店頭もしくは、プレイガイドをおすすめします。
僕へのメール、リプライでも構わないのでお気軽に。皆様のお越しお待ちしています〜

■2016/9/30(金)
「草加の嵐」4ヶ月連続2マン!第4弾
"BIG CIRCUS#CLUBQue 22nd ANNIVERSARY SERIES"
会場:下北沢CLUBQue
開場:18:30 開演:19:00
出演:ハックルベリーフィン
   初恋の嵐:
   ゲストボーカル:岩崎彗(セカイイチ)、クボケンジ(メレンゲ)
   ゲストミュージシャン:<guitar>木暮晋也(Hicksville)、<guitar>玉川裕高、<key>高野勲

前売り:¥3800/当日:¥4000(D代別/整理番号付き)
8/21(日)10:00より一般発売開始
CLUBQue店頭
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:308-655)
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:73039)
イープラス
ハックルの前売り予約:<a href="mailto:info@huckle-f.com">info@huckle-f.com</a>

[infomation]
下北沢CLUBQue 03-3412-9979









by sakuben | 2016-09-18 00:52

川口より...

埼玉に引越して一ヶ月が経ちました。
だいぶ落ち着いてきた感じです。今年の夏は拠点の移動で終わってしまった感じでした。
川口市なんですけど、草加に近くて実家にもかなり近く、なんとも微妙ではありますが両親もだいぶ高齢でもあるので、今までよりかは近くにいた方がいいかなと。それもこれも理解ある奥さんによるものなんですけどね...なんて(笑)。

たかだか16年地元から離れてただけでも、やっぱり変わってるとこは変わってて、以前がどうだったか思い出せないところもあり、昔の記憶を辿る日々。でも慣れ親しんでいる街は居心地がいいようで、すぐに慣れてしまっている気がします。奥さんとてんちゃんの方が大変かもしれないけど。でも自分の幼少時代を知ってもらえることが、僕にとっては嬉しく、昔ここには○○があったんだよ〜とか、あの道はあの道路と繋がっててさとか、気づけばいっぱい話してて、どうやら情報が多過ぎるようです。奥さん混乱気味...

先日我が家に、両親と兄家族を招き、よろしくお願いします会をやりました。めったにない大勢のご飯づくりに、二人してあたふたでした。こうして家族が集まるのも正月とかにあるかないかぐらいだったので、少し親孝行ができた気がして嬉しかったです。

山口兄弟とも近くなりましたからね、たけ兄には色んな情報を教えてもらっています。
こないだ下北沢から二人して電車で帰り、地元の駅から家まで自転車で並走する感じは、まるで学生時代に戻ったような、どことなく照れくさい感じがあり、お互い老けたなとなんだか可笑しかったです。ハックルにもなんらかしら影響があるんだと思いますね、生活が変わることの自分への影響は色んな意味で大きいと思うし、こうした形で、このタイミングで戻ってこれたことは東京から離れた寂しさはあるけど、良かったと思っています。

様々な生活スタイルが共存していた前の家とは違い、周りは皆、子持ちのファミリーばかり。生活リズムが皆同じなので、我が家は何処となく浮いている気がしますが、まぁ気にしない気にしない。新しいライフスタイルを楽しんで毎日をおくっています〜



c0197505_23275030.jpg



by sakuben | 2016-09-16 00:30

宇田川ヒュッテから

c0197505_21123347.jpg
久しぶりのブログ更新。だいぶご無沙汰でした...

7/31に対マン張りましょ、ツーマンライブシリーズの二回目ということで、渋谷SONGLINESにてGONDABANDとやってきました!ここのSONGLINESは名前はよく聞いていたけれどライブは初。カフェならではのお客さんと同じ目線というか、近い感じでリラックスしてやれましたね。

GONDABANDはさすが山、山コンビ、初のアコースティックらしいけど、なんなんでしょう!あの厚みのあるまとまり感。それなりにキャリアある面々ですからね、さすがです!カッコよかったな~ハックルさんもアコースティックは最近多いけれど久しぶりのライブな気がして、頑張りました~こちらもリズム隊は山、山コンビだからね。

さざなみ
雨上がり
Mountain
記憶
星影レイルウェイ
STAND
regret
つつがなく過ごす日々の中で
アサヤケ
c0197505_2114723.jpg
c0197505_2115216.jpg

この日ラストセッションはGRIPの中からFlush backを。見に来ていたGRIPのドラムの薫さんも交えてのセッション、緊張しました~2番の歌を頼まれたんですけどね、なんだかラップ調はね…でもやりだしたら面白くなってきたんですけどね、緊張しましたわ~リハよりかはなんとかね。まあ許してください。(笑)

タイトルが宇田川ヒュッテということで、山好きにはたまらないタイトルに、最高のフライヤーなんだけど、全く山に興味のないドラムの山さんが愚痴る感じが可笑しく、集まったお客さんも山には大して興味なしと(笑)。まぁいいけどね~因みにスライドで写してた写真はゴンダくんが実際に撮ってきた写真。あんなにも険しく神々しい世界があるんだよと。ゴンダくんの熱を感じましたよ。出会った頃はお互い山なんてこれっぽっちも言ってなかったのにね(笑)。面白いものだな、ほんとに。今度はフルセットでやりたいね~見に来てくれた皆さん、スタッフどうもありがとう~!

PS:ゴンダ氏とはソロで9/27に下北沢ラグーナでやることが決まりました。詳細は後ほどアップします。それと対マン張りましょシリーズ、4回目は9/30に下北沢CLUBQueで初恋の嵐とです!こちらも情報決まり次第改めて発表します。
by sakuben | 2016-08-02 21:20

talk to you vol.17


c0197505_084874.jpg
遅くなりました。ブログ更新です...今月からスタートした、マンスリーのツーマンシリーズ。勝手に「対マン張りましょシリーズ」なんて言ってますけどね。9月まで続きます。

先日は最初のトークトゥミー。彼らの10周年にお誘い受けました。彼らとは長い付き合いだけどね、こうして音出し合うのは、ほんと久しぶりでした。メンバーが器用な上忙しい面々だから、なかなか動くにしても難しいんだろうけどね。でもこうしてやるとなれば、これだけ人が集まるんだからね、実力もった幸せなバンドだよね。改めて聴いてみると、ルーツに沿ったよく練られた曲にアンサンブルが見事で全員歌えるってとこが強みだなぁと。ただのパーティーバンドなんて思ってたら大間違い。バケモノにだって成り得る秘めた底力を感じたバンドだ!と改めて思い、Monsterをお見舞いしてやったんですけどね。あんなの奴らにとっては痛くも痒くもないのかもな。(笑)
c0197505_08920.jpg

この日は何故だか絶対上手く行く気がしてて、十分振り回す気持ちでステージに上がりました。なんだか空回ってたらごめんなさいね。初めてやったデイジーバーだったけど、気分よくやらせてもらいました。

1 ガーベラ
2 Letter
3 TRY
4 キョウコ
5 星影レイルウェイ
6 will
7 Monster
8 SING
9 ハイダウェイ

ラストハイダウェイはソネを交えてのセッション!ギターバトルのような感じになり、ついつい後奏が長くなってしまう。まあまあご愛嬌で。
活動は不定期でも、こうして長きに渡ってお互い音を鳴らせていられること、ほんと大事にしていきたいよね。次回のトークのライブ期待してるぜ〜
見に来てくれた皆さんどうもありがとう〜
そして 矢野くん、ハル、山さん、ソネに感謝です。
c0197505_0113931.jpg

by sakuben | 2016-06-11 00:19

5/29越谷にて。

c0197505_2264323.jpg

だいぶ暑い日が増えて来ました。思い起こせば昨年の今頃はニューヨークへ行く準備やらでそわそわしてた頃だったなと時の流れの速さを実感しています。また行きたいな~

先日、越谷にてソロの弾き語りをしてきました。僕の地元は草加ですけど、越谷はお隣なので地元のようなもの。学生時代にお世話になってたコバヤシ楽器さん主催のコンサートにゲストとして呼ばれました~場所はサンシティという小ホール。3年ぐらい前に一度出させてもらいました。
若い子達にライブハウスではないホール体験をさせてあげたいというコバヤシさんの願いであり、今回でコンサート136回目!コバヤシ楽器は38周年!凄い!地元に携わりここまで長くやり続けるってほんと凄いことです。僕も学生の頃に、このコンサートに出たくて頑張ったものです~

1アサヤケ
2はなむけの歌
3 25
4 星影レイルウェイ
5 あれから
6 僕の街

隣の楽屋から、初めてのライブが終わり、初々しい感想が聴こえたり、何かとオーバーな演出だったり、サウンド、照明とかもやり過ぎちゃう感じが、なんともローカル感漂っていましたが、僕もそうだったし…ひょっとしたら今でも変わりないのかもしれないなぁ。なんて(笑)。手作り感満載の雰囲気が久しぶりに訪れた実家のようなそんな気分にさせてくれて、照れくさくも温かい気分で歌えました。

見に来てくれた皆さんどうもありがとう。
そしてコバヤシさん、ありがとう!
c0197505_2274980.jpg

by sakuben | 2016-06-02 22:12

ハックルアコースティックワンマン@風知空知

c0197505_22502691.jpg

ハックルのアコースティックワンマン、下北沢風知空知無事に終了しました~
ハックルには珍しくいい天気でのライブ、気持ち良かったですね~最高最高!大入りで感謝感謝!なにかとバタついた中での当日でしたが、さすがはソネちゃん、いい感じのグルーブだったと思います。ここからね、名古屋、大阪とさらに進化していきますからね、是非お楽しみに!

c0197505_22513748.jpg
c0197505_22521575.jpg
c0197505_2253148.jpg
それにしても風知空知はほんと気持ちのいい空間だね、やってても終わってからも最高ですよ。ハックルのためのオリジナル創作メニューも考えてくれてて、次回にはメニューに入るのではないかな?試食したんですけどマジ美味いですよ~次回お楽しみに~
観に来てくれたお客さん、どうもありがとう~
c0197505_22551438.jpg

(photos by daruma & mari)
by sakuben | 2016-05-16 23:00

春風

c0197505_23463997.jpg

ゴールデンウィークも終わり、すっかり暑さを感じる今日この頃。
もうTシャツでもいい日があるもんね~熊本では大変だと思います。ただでさえ酷暑の九州で、あの状態では、とても耐えられない。早い復興を願います。

春は別れの季節と云いますが、僕らにとっても今年の春は感慨深く、忘れられない季節となりました。それだけ歳をとってきたということなんだろうけど。大人になるということは幾つ歳重ねても、まだまだ奥が深いようで、身の程を知ります。

先日久しぶりに伸びきった、庭の雑草達を刈りとってた日、風が強かったんです。春って結構風が強い日が多いですよね。コンタクトの僕としては埃を立たせるので、強風はほんとイヤなんですけど、草をむしってた時に、この風の強さは種を遠くに届かせるためなんだなと、ふと思ったんです。そして植物達はそれを知ってて春に花を咲かせ種を作る。よく出来てるなぁと…

そんな小学生の授業で習う程度の事実を、実感すると思いのほか心に残る。人の人生はきっと身をもって実感することで心が豊かになり、同じことが繰り返し起こるたびに、改めてまた想いを寄せる。そういうものなのかなと。

僕に子供が出来たら教えてあげよう、
「なんで春は風が強いの?」
「それはね、花のタネを遠くに運ぶためさ」
ってね。うん、これはいい。

幾つになっても、まだまだやりたいことだらけ。いつ落ち着くんだかってね。でも歳を追うごとに演奏する喜びとほんとの楽しさを知るんです、アコースティックワンマン、是非観に来て欲しいです、今の僕らを。だいぶ白髪も増えたけど、音は確実に良くなってるはず。待ってますよ~


【ハックルワンマンアコースティックツアー2016 with ソネタクミ】
 
■5/14(土) 下北沢 風知空知
開場:16:00 開演:17:00
前売:¥3,000 当日¥3,300 (D別)
問合せ: 下北沢 風知空知 TEL03-5433-2191

■5/21(土) 名古屋 猫と窓ガラス
開場:17:00 開演:18:00
前売:¥3,000 当日¥3,300 (D別) 
問合せ: 猫と窓ガラス TEL052-654-3125

■5/22(日) 大阪 新町cafe Room
開場:17:30 開演:18:00
前売:¥3,000 当日¥3,300 (D別)
問合せ: cafe Room TEL06-6536-5688

ご予約はinfo@huckle-f.comへ。
スーベニアチケット用意しています〜
c0197505_00598.jpg

by sakuben | 2016-05-12 00:05

仙台へ。

c0197505_205411.jpg
ゴールデンウィーク、久しぶりの仙台でした~
今回は仙台で活躍している、「真夜中ギター」の佐々木くんからお誘いを受け行ってきました。出演者にはコサキくんを始めとするLimoがいたりと、いつもの仙台のメンツが多く、何処かホッとする内容。こうして仙台といえばこの人、的なイメージがあるって大事だよな~と。地域にちゃんと根付いて、心の余裕から生まれるそのサウンドは東京にはない、いい意味でのくだけたバランスがあり、お客さんと共に心地いい空間を創り出している。そんなある意味、音楽そのものの楽しみ方をいつもここで教わるような、そんな気分にさせられます。
c0197505_242373.jpg

ハックルも春になってから、いろいろとあり三人で音を合わせる時間があまりなかったんですけどね、フルセットでやるのはやっぱりいいものですね~新鮮な気持ちで臨めたし、なんていうか再確認みたいなことを感じられる、そんなライブでした。

1 僕の翼
2 TRY
3 星影レイルウェイ
4 Monster
5 SING
6 はなむけの歌

この日、たけ兄がメインのベースを忘れて、バイオリンベースが二本あるという、なかなか稀なライブだったけどね、面白かった。
見に来てくれた皆さんありがとう!、次回のライブはまだ決まってないけど…また仙台来ますね、出演者の皆さんもお疲れ様、ありがとうございました~
c0197505_255110.jpg

PS:アメリカンドックとハックル=なかよし。
by sakuben | 2016-05-08 02:11

先日ソネと...

先日、アコースティックツアーのために、ソネと2人で曲の確認やらアレンジやらをやりました。今回ハックルにソネタクミが合わさって、東京、名古屋、大阪の三ヶ所をやります。Traveringのツアーの時に東京と大阪を一緒にやった以来ですね。彼も今では売れっ子ギタリストですからね、通常なら相当な金額を要求するんだろうけど、僕ら先輩風吹かしてノーギャラで連れ回してやりますよ(笑)。

ソネとはもう長い付き合いになるけど、いまでも僕らを慕ってくれるかわいい出っ歯の後輩ちゃん。共に富士山行ったり、ツアー回ったりとか、アホな事いっぱいしてきたけど、こうしてまた共に音を鳴らせることが何より嬉しい。そんな話を先日二人でとある雑誌の取材を受けたので、見かけたら読んでほしいな、また決まったらお伝えしますね。
アコースティックツアー終わった後は、トークトゥミーとのツーマン!トークは、ほとんど動いてなかったけどちょうど10周年みたいなので、図々しくもそんなお祭り的な感じで盛り上がりたいようですよ、ハックルがガツンとやってやりますよー!なんて(笑)懐かしがてら是非遊びに来てくれたらと思います~
c0197505_23114790.jpg

by sakuben | 2016-04-26 23:16

ご無沙汰です。

まただいぶ更新してなかったです...4月になって初とは。色々とあった今年の春、言い訳です。気まぐれだけどまた少しずつアップしていきます。大事な時こそ書いておきたいと思うんだけどね。
c0197505_0134572.jpg

熊本があのような大地震に見舞われ、またしても言葉を失ってしまう。自分が生きてる間にこんなにも大地震が起こるとは…やはりこの国は地震と向き合い復興し発展してきた、そういうところなんだなと強く実感しています。なので原発にはきっぱりと反対なんです。異常が見られないから再稼働を続けるなんてどういう神経しているのか。どこまでこの国は懲りていないのか。愚かな政府の対応に素人の自分にだってそのぐらい思うのにと憤る日々です。土台を覆すなんていうことは並大抵のことではないんだろうけど…

熊本市内に今もあるかわからないけど、バトルステージというライブハウスがあって初めてライブした時にアンコールがかかったんです。海の近くの野外ステージでハイロウズと大黒摩季という異色な組み合わせのオープニングで出演した時の僕らのライブが不甲斐なかったことが忘れられない。幼い頃には亡くなった祖父に連れられ阿蘇山へ行った。火口付近の白いシェルターと草千里の緑が印象に残ってる。当時落書きいっぱいだった熊本城の天守閣に自分の名前を書こうとして、祖父に引っ叩かれたのを覚えてる。そんな数々の思い出。熊本のことを思うと胸が痛みます。熊本だけでなく九州全体で考えてみればどれだけの思いがあるか…「夜行列車」や、「たからもの」は九州への思いでもあるんです。1日でも早い復興を願い、協力していきたいと思います。
c0197505_0144459.jpg
c0197505_0152934.jpg

先日は高円寺highとampcafeでの共同イベント、cruyff in the bedroomのレコ発に出演。僕は裸眼2.0と共にampcafeでの出番でした。この日はフードも色々あって賑わってた~エガワさんのたこ焼きを食べ損なったことが心残り…
春に入って3回目ぐらいのsoloライブだったので、たまにはとES330でのエレキ弾き語り。それなりに個人練にも入ってたんですけどね、やっぱりまだ難しいですね、色々と小細工したくなるんですがそれをするにはまだまだ未熟で…もうちょい練習が必要だなと感じました。裸眼は牧野さんと鈴木淳さんとの絶妙なコンビネーションで会場を賑わせアンコールでは僕も参加して2曲ほどやりました。2人の熱いプレイに、言葉にすると安っぽいけど、ロック魂を感じて僕も熱くなってました。
highの方では、プレクトラムのタイちゃんがバンマスの沖野俊太郎&the F-A-Rsがやっており、ほんの少しだけ観れた。沖野さんとはこの日初めてお会いしましたが、とても話しやすい方で僕のライブも観て頂けたようで嬉しかったです。メインのcruyffは流石の圧巻ステージで久しぶり轟音を浴びました~この日東京はなんだか荒れた天気でしたけどたくさんの方に足を運んでもらい嬉しかった~見に来てくれた皆さん、スタッフの皆さん、出演者の皆さんどうもありがとう~
c0197505_016491.jpg

by sakuben | 2016-04-21 00:23