人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 936 )

20th Anniversary one-man関西編

c0197505_00033556.jpg


5/19(日)京都nanoでの20周年アニバーサリーワンマン無事に終了しました〜

nanoでは2回目になるワンマン。今の僕らにはちょうどいいキャパと音の感じ、そしてモグラさんはじめスタッフの良さにここを選んでやらせてもらってます。今回20周年なんて盛んに言ってやってきましたが、同録聴いてみたりすると結局まだまだ…
納得するところなんて出来てやしない。まだまだ途中なんですよ。ほんとに。
こんなことがずっと続くのかもしれないけど、ずっと続けていける喜びもまた、当たり前ではないんだなと。まだまだと思いつつも小さな喜びを拾い集めて、このささやかなアイデンティティをこれからも育んでいきたい、そう思ってます。

何事も続けることなんですよね。この20周年企画もとりあえずは終わりですが、年内いっぱいは周年ってことでまたなにか考えます。

モグラさんはじめ京都nano、スタッフ皆さんに感謝。そしていつも手伝ってくれるハックルスタッフに大感謝!そして見に来てくれたお客さんほんとどうもありがとうございました!ライブ写真はまた後日アップします。

photo by ai-berry


by sakuben | 2019-05-23 00:08

20th Anniversary 名古屋編

c0197505_23205041.jpg

20th ANNIVERSARY企画の名古屋編、無事に終了しました。今回名古屋だけ対バン形態にしていたんですが、やるならばもうこのバンド達だろうと九龍とサンセットレコードご指名でオファーしたんです。このバンド達とはデビュー前から幾度となく名古屋で共演してきて、僕らの良かったライブもダメなライブも知ってて、いわば歴史を知ってるんですね。なので僕らの中では名古屋と言えば彼らだろうと、この企画には彼らとやりたいと思っていたんです。

サンセットレコードは相変わらずの菅井くんの斜めな感じが一癖も二癖もあって、ほんと面白いバンド。それでいて曲は物凄く練られているんだけど、実は歌詞先行で作ってるとは意外だった。九龍はより爽やかなイメージでキャッチーな踊れる曲達に自然と引き込まれていく。間口がとても広くもっと多くの人達に受け入れられるサウンドだと思う。新曲の「ストレンジャー」がほんと僕らの付かず離れず的な距離感をさらっと見事に表してて素晴らしかった。

僕らが初めて名古屋に来た時に、ハートランドで対バンしたのがサンセットレコードで、その時のサンセットに九龍のカワイくんとマキちゃんが在籍していたと…これだけ年数を重ねて今知った事実。当時何もわかってなくて、自分のことしか見てなかったしなぁ。僕らにこれだけの歴史があるように彼らにも勿論語り切れない歴史があって、様々なことを経験して今があるんだよね。それで今も共にこうして音を鳴らせている、そんな幸せを感じてステージに臨んでいました。

僕ら3バンドとも、十分年数経ちましたけど、まだまだやり足りないことだらけですからね。(笑)今回名古屋に出演してくれた、九龍、サンセットレコードに感謝。そしてこの機会を与えてくれたロックンロール、本多さん、伊東さんにも感謝。見に来てくれた皆さんどうもありがとう!とりあえずは京都ワンマンに向けて頑張ります!


by sakuben | 2019-05-13 23:24

TS9→OD9

c0197505_23484710.jpg

アイバニーズTS9の元祖マクソンのOD9オペアンプ4558艶ありを見つけ購入。もちろんたけ兄相談済です。82年製なのでビンテージエフェクトになるけど、自分が使い出したのか95年ぐらいだと思うから当時で考えれば、10年ちょい前のモデルになるわけだな…それでもうビンテージ扱いとはねぇ〜自分もほんと歳とる訳だな。その当時に使ってたものが徐々にビンテージ品の扱いになっていくなんてね。

アイバニーズのTS9を使うようになって20年以上。幾度となくこのエフェクターに頼ってきました。
スティーヴィレイヴォーンにハマる時代というのがギタリストにはよくあって、僕もしっかりそこにハマった一人で、20代の頃フェンダーUSAのストラト買って、TS9からフェンダーアンプへという、今の基礎のようなものを、あの頃に学んだ気がします。結局あんな弾きっぷりなんてできる訳はないんだけどね。

ギターのミッド部分をバンドの中で埋もれずに、しっかりと押し出してくれるエフェクトなので今でも欠かすことのできないペダル。でももう少しだけナチュラルにブーストされないかなと思ってて、TS9の初期モデルがひょっとするといいのではないかと最近気にはなっていたんです。ちょいちょいたけ兄に相談しててね。そしてようやく手に入れました。

まだバンドで合わせてないからわからないけど、所詮はオーバードライブの中での音の違いだからね…劇的に変わることはないとは思うけど楽しみなんです。
僕の足元わからないだろうけど、自分の中では新鮮な気分の今日この頃。yeah!


by sakuben | 2019-03-18 00:09

3/3 20th Anniversary one-man

c0197505_00254090.jpg

下北沢CLUBQueでの、20周年ワンマン無事に終了!
なかなかボリュームあるセットだったと思うけど意外とサクサク進み、あっという間に感じました。

冒険をリリースしてから20年、語り尽くせぬ出来事や思い出の数々。
思い出を上げればキリがないけど、ここまで長くやってきてほんとよかったなと思える内容だったと思います。10年の時よりも15年、15年の時よりも20年の時の方が良かったと感じています。そんなアニバーサリーな内容ではあったんだけど、正直気持ち的にはただの通過点として捉えて行こうと。どうせ力むから。(笑)そんな心のバランスを今でも探りながらステージに向かってて、20年経ってもその辺りの答えは見つからない…これは永遠のテーマなんでしょうかねぇ。

今回下北沢見に来てくれた皆さん、スタッフに感謝。どうもありがとう。次は名古屋と京都ワンマンです!Tシャツ増やさないとね。
アニバーサリーイヤーは続く続く。
(photo by e-ko)


by sakuben | 2019-03-05 00:32

深夜リハ

c0197505_01265240.jpg

こないだのリハで、昔の曲のとあるフレーズが思い出せないとたけ兄が、考えてた。
それ程曲が多いわけでもない僕らでさえ、あの当時からはかなりの月日が経っている。

あれどうだったっけなとか、こんな強引な展開だったかなとか…
僕もたけ兄と同じく、久しぶりの曲など思い出せなくなる時があるけど、
何故か同時に嬉しさも感じたりするんです。
それは時が経って自分の曲を客観的に捉えられるので、ちょっとした他人の曲に似た感覚を味わえる気がするんです。一瞬ですけどね。

あの頃の自分と今の自分。
それは間違いなく繋がっているんだけど、少しずつ変化しているわけで、
当時のままを再現するつもりもないし、でも当時の自分を尊重したい思いもある。
そんなせめぎ合いの中での深夜リハーサル。

今度のワンマンはそんな昔の自分と今の自分との対面の場でもあるかな。なんて(笑)
おやすみなさーい。

by sakuben | 2019-02-28 01:19

春の微笑み

おチビちゃんを連れて、公園へ。
春はもう、すぐそこさ。
父親らしいことを一つ。

c0197505_23594394.jpg

by sakuben | 2019-02-21 00:02

Bootleg EP#4

c0197505_00590907.jpg
昨年の11月頃からちょこちょこレコーディングをしてて、ようやく形になりました!
ブートレグシリーズの4枚目になります。アルバムに向けたシングル的な扱いなのでEPと名乗ってますけど、今回新録で2曲、ライブでもやってる「ハロー」と「星影レイルウェイ」。そして旧作から「アクアラング」と「春の微笑み」、「カルミア」を入れた計5曲。旧作に関しては、すでにアルバムも廃盤にもなってるので、新たに録り直しをしました。変わってるとこもあれば、全く変わってなかったりと、昔と聴き比べしても面白いかもしれないですね。

新録の2曲は決して派手な曲ではないですけど、今回お世話になった、echo and cloud studioとの相性、鳴りがとても良く、今までとは違った新たな一歩の気がしています。

3/3日曜日のワンマンにて発売します。ブートレグシリーズなのでハンドメイドパッケージ。さてさて詰め込むぞ〜
(photo by echo and cloud studio)

by sakuben | 2019-02-09 01:01

comeback my love

c0197505_23362099.jpg
27日は下北沢CLUB Queで、ハックル今年初ライブでした。

今回フリサトの水本氏からお誘い受け出演。
彼らはしばらく活動してなかったようで、久しぶりのライブに気持ち込めた思いがプレイに現れてました。もう一つユースムースアベニューというお初の対バンだったんですが、サウスケの後輩にあたる、ヤマハに所属していた経歴があるそうで、よく練られたキャッチーな曲が、気持ちいいところをくすぐる感じで素晴らしかった。
ドラムがザザハリの森くんで、久しぶり会えたのが嬉しかったな。

この日久しぶり会う面々が多くお互い年食ったなぁ〜と身にしみて歴史を感じましたね。笑。ハックルもいい刺激を受け、気持ち良くやらせてもらいました〜

対バンがいるということは自分の心の余裕、キャパがどれぐらいあるかを知るには一番わかりやすく、経験を積んで自分の心の持って行き方を知ったつもりでいたりもするんですが、余裕のない自分を改めて知ったりもします。その日その日で自分の状態が違ったりするもんだから厄介で、きっと人前でやる以上永遠の課題なんだろうなぁと、わかったような気でいます。笑

そして次回3/3日曜のワンマンへ向け、頑張らんと!見に来てくれた皆さん、ありがとうね。

by sakuben | 2019-01-30 23:48

solo歌い始め。

22日の下北沢ラプソディーにて、soloの歌い始めでした。

この日はGRiPや元KGSS ON THE PEAKS のゴンダ氏との弾き語り対バン。ゴンダ氏の普通の弾き語りの枠には囚われないスタイルは、さすがですね。いつも魅了されています。僕も久しぶりの弾き語りだったので、ソロ曲を中心に選曲、ハックルからは「青空」を歌いました。亡くなった友が、これは僕の歌だと最後の最後まで聴いてくれてたことなど、思い出は積もるばかりですね。

セッションは「記憶」とGRiPから「flash back」を見に来てたはじを無理やり入れて。記憶はゴンダ氏のディレイがいいアンビエント感を醸し出し、雰囲気が倍に増しました。「flash back」は実はセッション2回目。また2番を歌わせてもらいましたが、前回よりかは良かったかなと。段々とラップ調の面白さを感じてきましたよ、なんて(笑)

平日なのに見に来てくれた皆さん、どうもありがとう。
c0197505_23255066.jpg



by sakuben | 2019-01-30 23:28

一歩一歩

c0197505_02192462.jpg

我が家のおチビちゃんも、あと少しで1歳と4ヶ月。
子供の成長は目覚ましい程の早さで、
ついこないだまでハイハイできた!なんて言ってたのが、もう歩き出している。

先日「はじめてのおつかい」を見て涙、涙。。。
あれは泣いちゃうよね〜
あんな風にして誰もが一歩を踏み出すんだな。
始まりはいつも輝いてる。

我が家のおチビちゃんも自らの一歩を踏み出した。
今は家の前だけでも大きな世界だけど、
この世はとてつもないスケールだということを早く伝えてあげたい!
なんて怖くなっちゃうかな。(笑)
それだけ世界は開かれているってことをね。

そして僕も父親として、まだほやほやの1歳4ヶ月なのです。

by sakuben | 2019-01-20 02:23