2010年 04月 05日 ( 2 )

knave

春ツアーの大阪。南堀江knaveでのライブ。

なんか堀江の辺りってオシャレなとこみたいらしく、確かにそんな風なお店とか多かったな。オシャレ大好きな僕にはうってつけです。・・・なんて。
今回はココロロコさんのお誘いを受けて来たんだけど、昔ハックルのライブに来てたというメンバーさん達。いい人達でした。嬉しいもんですよ。

打ち上げでは、アンプのボリュームだったり、演奏アレンジとかだったり、いろいろと質問攻めに遭ったけど、それだけ真剣なんだよね。うちもそれほど出来てるわけじゃなんだけどね。なんだか図に乗ってベラベラと話してしまいます。

knaveのスタッフの方々も皆いい人達で、またやりたいね。見に来てくれた皆さんどうもありがとう。
大阪はこの日気持ちのいい春日和だった~
c0197505_22371343.jpg

[PR]
by sakuben | 2010-04-05 22:39

period

c0197505_21153627.jpg

ステンレス解散ライブ。

どんな顔してやるんだろうか、どんな雰囲気なんだろうか、なんていえばいいんだろうか・・・いろんな思いが入り混じってライブに行ったけど、さすが関西人なのかな~
解散さえもちゃんと楽しんじゃって、物販まであって恐れ入ったわ。ほんと。

MCでも言ってたけど「え~次のライブは・・・」っていきそうなぐらい、実に和んでいたライブだった。でも最後は涙。今までの思いが溢れてきた。

彼らがいたから僕らも頑張ってやってこれた。ステンレスには負けたくない。きっと彼らも同じだったと思うけど・・・そのぐらい近い存在のバンドが終わってしまう。数々の終わっていくバンド達の中で同期のバンドはほんと少なくなった。悔しい。実に悔しい・・・本人達が一番そう感じているよな。あの名曲達は残り続けても、二度と演奏されずにいるなんて・・・

僕だったらあんなに爽やかに終わりを迎えることができるだろうか。それぐらい見事なハッピーな終わり方だった。かっこよかった。悲しかったけどなにより楽しかったと思わせるこの気持ちはステンレスの力なんだと思う。こんなにもまだ力のあるバンドなのに。僕らにはわからない何か割り切った思いがあるように思えた。

時間という限られた中で僕らは音を鳴らしているわけで、いずれは必ず終わりが来る。
どこに終わりを決めるか、ステンレスは4月3日解散した。
大谷兄、ヤス、ケンちゃん、ムーくん、そしてスタッフのテラッチお疲れ様。そしてありがとう。
一緒にやれてほんとよかった。
c0197505_21402262.jpg

[PR]
by sakuben | 2010-04-05 22:01