人気ブログランキング |

庭ライフ

c0197505_195656.jpg
「椿の葉っぱに蛾の卵〜♪」東京ローカルホンクの「昼休み」の歌詞の一節。これだけ抜き取ると何歌っているのかわからないですけどね、いい歌なんです。

そう、椿には茶毒蛾というのが卵を産むらしく、幼虫が葉を荒らすんです。そして僕の庭にある椿にもその幼虫が大量に付いていたんです!ゲゲゲ〜!しかもこの毛虫が厄介で、毛が風に舞って肌に付くと大変、かゆいのなんの。最近なんだか肌にプツっとした赤いのが出来ていたんですよね。ダニとか嫌だしと思って良く洗濯したり、布団干したりしてたんだけど、結局はこの毛虫のせいだったようで、干してて逆効果...

そしてどう退治するか...殺虫剤とかでやるしかないんだろうけど、量が半端無い...なんたって葉を食い荒らしている音が聞こえるんですよ...そして大家さんに連絡してみたら、その害虫をやっぱり知ってて、すぐに業者を呼んでくれて噴霧器で退治してもらいました。どうやら春と秋に発生しやすいようです。椿は半分ほど葉は食い荒らされている状態です。二本あってもう一本にはなにも付いていないんですけどね...不思議なものです。

でも殺虫効果というのは恐ろしいものですね、芝の半分は枯れてしまいました。椿の回りの雑草達も壊滅状態、カマキリとかバッタ達ももちろん死んでいました。全然違うけど無農薬野菜とかって思うと、ほんと手のかかることだよなぁと庭の大変さを少し思い知った今日この頃でした。
c0197505_1103141.jpg

by sakuben | 2014-09-25 01:18


<< The Replacements ハックルワンマン決まりました〜! >>