PM

c0197505_210395.jpg

いまさらですけど、こないだのポールマッカートニーの来日は残念でしたね。
でも事情が事情だけに仕方ないですけどね、あの年齢で海外回るだけでも大変だろうに、そこにライブをしなければならないなんて、心身ともにヘトヘトなはず。僕はチケット代も異常なほどの金額でもあったので、今回もまたあきらめていた感じでした。

こないだの僕の誕生日に、お世話になっている方からポールの来日公演がもの凄く良かったのでと、CD+DVDのニューヨーク公演「GOOD EVENING NEWYORK CITY」を頂き、今回の実現しなかった分と重ね合わせて見ました。ポールマッカートニーなんて、あまりにも超人的な存在でそれほどライブで見るということに関して、リアルに感じられなかった部分もあったんだけど、素晴らしい...

ストーンズの時もそうだけど、今まで築き上げた人物が歌う説得力というか、存在感というか...しかもちゃんと前と変わらず演奏し、キーも下げずに歌い上げる。もうそれだけでグっときてしまう。これは年齢を重ねれば重ねる程、想いは強くなるのかもしれない。飾らずに気負わずに、自然体で純粋に音楽を楽しむその姿勢は僕らにとっての正に原点であり再確認したようなそんな気分でした。そしてリンダに歌う「My Love」ジョンに歌う「Here Today」、そしてジョージへの「Something」。計り知れない思いを一人で抱え歌い続けるその姿は、スーパースターでありながら一人の男を垣間みることができ、もう素晴らしいなんて言葉では言い尽くせない、なにか超越したものを感じ心が震えました。
また是非来てもらいたいですね。今度こそ!
c0197505_234536.jpg

[PR]
by sakuben | 2014-06-03 02:32 | music


<< TOUR -330 June >>