人気ブログランキング |

dynamics

音楽を演奏するにあたって色々ポイントがあるけど、僕が気になるところとして強弱があります。言わば抑揚だね、強く出すところと弱く出すところ。

歌とかドラム、管楽器など電気を使わない楽器は、露骨にこの部分が出てしまう。エレキものはボリュームがあるから調整できるけど、やっぱり演者側である程度やらなければ血の通った音楽にはあまりならない。

僕の場合は歌が基準で、歌のボリュームに対してギターのタッチを決めているんだと思う。それがバンドでも同じにいかされているんだと思う。いまさら意識はしていないけどきっと三人とも無意識にそのようなバランスでやっているんだと思う。そういうところは長年やって築いて来たものなんだろう。その抑揚があるだけでグッと輪郭がはっきりして上手くなったような気分になる。上手いとされている人は、これが必ずできているよね。

弾き語りの場合、まさに一人だからその強弱をはっきりと出していかないとならない。僕はギターが独学なので指弾きに関してはめちゃくちゃ。強弱も上手くできない...難しいな〜日々勉強です。
c0197505_23364926.jpg

by sakuben | 2012-11-14 23:43


<< 冬がはじまるよ パーマン >>