tour traverse2012 at 風知空知

c0197505_1272518.jpg
「風知空知」上手いこと漢字にするもんだよね〜
でも名前負けしない十分納得するぐらい開放的な場所で、tour traverse2012ファイナルにうってつけな場所だった〜ほんとは客席後ろの扉を開けると開放エリアになってて、それが気持ちがいいんです。ライブ当日は別な撮影があったから開けられなかったんだけどね...僕らは控え室というか、控えテラスを臨時で上に用意してくれて気分よかった〜雨も上がったしね。
c0197505_1281440.jpg
c0197505_1292275.jpg

今回このsoloのツアーを4箇所回って、つくづく来てくれるお客さんの有り難みを感じたツアーでした。自分の声の届く範囲というか、大きな場所ではないけれどこの適度な広さに自分の声が届いているという実感があるし、無理なく歌う事ができるんだよね。それはまるで家にいるみたいな空間だからなのかもしれないしな。本が置いてあったり、カップの音が聞こえたり、車の音だったり、前にもMCで言ってるよね。そんな生活ノイズの中で音楽が生まれるから、同じようにリラックスできる空間がいいんだよな〜ケンさんなんてリハを十分にやったのに、マイクだって持ち込んでいるのに結局、また生で唄う。(笑)でも彼らしさ、考えがもっともだからいいよね。潔くて素晴らしい。今回もケンさんが主導になって始まったtourだったからね、お疲れさまとありがとうを。
c0197505_131579.jpg

そしてたいちゃん、いつでも空気を変えてくれるのは彼だったし、僕には到底つくることのできない作曲センスが彼にはあり、実はもの凄いかっこいい男だということを僕は知っている。アイコちゃんのピンチヒッターの立場だったけれど、快く引き受けてくれたことほんと嬉しかった。勝手ですが、よりたいちゃんを解った気でいます〜

この日僕はこのtourに感化されて曲を作りました。soloだけでなくハックルでもそうだし、新しい曲を届けたいという気持ちはやってる側はみな同じ。そんな曲を書きました、神戸の街をぶらつきながら思いを馳せてみました。
c0197505_126298.jpg


「また君に会いに行く」

また君に会いに行く 新しい歌届けよう
旅のかけら集めて きっといい歌になるから

一人ではあるけれど 寂しい気はしないな
繋がってる気持ちが 確かに胸にあるんだ

流れてゆく景色に 想いを重ね合わせて
風のようにつむいでく そうして歌が生まれる

真夜中のハイウェイへ
仲間達と旅に出る

季節が変わったころ 君の街も色づくだろう
またあの路地を歩こう 石畳と坂の道

月明かりのハイウェイへ
目を閉じ夢を見る

また君に会いに行く 新しい歌届けよう
旅のかけら集めて きっといい歌になるから
旅のかけら集めて きっといい歌になるから
君に聴いてほしいから


c0197505_1361241.jpg

アンコールではたいちゃんが251でダブルブッキングだったので急遽はじが参加で、ハックルの曲をやりました〜見に来てくれた皆さんほんとどうもありがとう、気分よく唄わせてもらいました。
今回の会場、cafe room、SOLE CAFE、夜空に星のあるように、風知空知ありがとう〜協力してくれたスタッフ、ミュージシャン仲間、僕のsolo活動に理解してくれる、たけ兄とはじ、体調すぐれないなか、見に来てくれたアイコちゃん、みんなどうもありがとう。これで一段落ですけどね、まだまだこれからもよろしくです!
c0197505_1301483.jpg
(photos by sofee)
[PR]
by sakuben | 2012-10-09 01:47


<< 温故知新 そして今日! >>