人気ブログランキング |

奥高尾縦走

c0197505_0384213.jpg

昨日25日天気も良かったので、馴染みのある高尾山へ。
そして高尾山から城山→景信山→陣馬山への縦走コースを行きました〜
縦走って知ってます?山から山へ尾根を渡って行くことなんです。山好きにはたまらない言葉なんですよ、でも高尾山ぐらいの低山で縦走なんて笑われてしまうかもしれないんだけど、6時間はかかるコースで立派な縦走なんです!今の僕には身の丈に合ってるという感じです。そして今回は初の単独登山です。
c0197505_143555.jpg

朝8時頃からスタート。高尾山は、今までちゃんと登ったことなかったので、稲荷山コースで行きました。一番登山道らしいコース。標高599メートルといってもなめちゃいけません。ラストの階段ではかなりの息切れ...
それでも1時間と少しで山頂まで行けました。
c0197505_1444635.jpg

c0197505_1455268.jpg


単独で登るなんて少し心配ではあったけど、単独の人たちが多く見られた。平日でもあるからかな?
でも山は怖いからね、コース間違えたりしたら大変だし...悪い想像いっぱいして、万が一の時のグッズも用意していました。「備えよ、つねに」はボーイスカウトで学びました!
c0197505_1473188.jpg

c0197505_1483787.jpg


それにしても天気がよく気持ちよかった〜みんな富士山が見えるとやっぱり嬉しいんだね。口々に富士山だって喜んでいた。日本人だなって感じる瞬間です。(この日サッカー勝った日だからね)でも高尾山で見えてた富士山はだんだんと白く霞んで見えなくなってしまった。尾根を渡る風に吹かれ、野鳥の森をひたすら歩く。高尾山を過ぎた奥高尾からは本格的な深い山でとかげやへびなども見られた。峠を越え、4時間ほど歩くとかなり足がつらくなってきた。
c0197505_1503287.jpg

最後の陣馬山には14時頃到着。眺望は最高。少し霞んでたけど開けてて気持ちいい〜やったぞ!
縦走達成!静かに喜んだ。
今回致命的なことに昼ごはんを忘れていました...ボーイスカウトの心得はどうやらいかされていないようで...行きにコンビニでなんか買うかなんて思ってたら忘れ、それなら山小屋で食べようと思っていたら、ことごとく山小屋はやっていなかった...持っていたのはアルフォートとハイソフトだけ。その菓子になんとか救われたけど腹減った〜そして最後の陣馬山の茶屋が一件だけやってたのです!注文した陣馬そばならぬものがこれ...
c0197505_1512653.jpg

もの凄いコラボ...おいしくなかったけどしっかり頂きました。

最後の下山は途中から舗装道路を3〜4キロほど下る。疲労の溜った足にはかなり応えた。
単独登山どきどきだったけど、今回終止気持ちよく歩けた。奥高尾の山々に感謝です。
by sakuben | 2010-06-27 02:07 | mountain


<< ajisai ニッポン!チャチャチャ! >>