タグ:下北沢 ( 5 ) タグの人気記事

火曜日は440へ

秋の晴天、気持ちがいいもんですね〜
絶好の山日和。行きたいな〜

そんな今度の火曜日は久しぶりに下北沢440でハックルのライブです。
ヨシンバの吉井さんからお誘いを受け、こないだクリンゴンの時にギターで参加していた平泉氏と3マンでお届けします〜いつもよりは大人向きかもしれないですけどね、もうそういう年齢ですからね(笑)。座ってお酒飲みながらゆったりと聴いてもらえたらなと思います。楽しみ楽しみ!仕事帰りにふらっと寄ってみて下さい。お待ちしています〜ハックルはトップです!

■2016/10/18(火)"Autumn Attack VOL.1"
会場:下北沢440
出演:ヨシンバ/平泉光司/ハックルベリーフィン
前売り/¥3000 当日/¥3500(drink別¥600)
※mail予約:"mailto:info@huckle-f.com"
問い合わせ:下北沢440 TEL:03-3422-9440

※この日12/28のCLUBQueのチケットも販売します〜
c0197505_00104466.jpg

[PR]
by sakuben | 2016-10-17 00:18

山と音楽と独り相撲〜再会編〜

ハックルの4ヶ月連続ツーマンが終わり、早くも10月。

10/9はsoloで久しぶりに、鬼軍曹こと溝渕ケンイチロウ氏と二人で、弾き語りです。
より活発な活動を続けているケンさん。久しぶりの再会が楽しみですね〜

ハンバーグ(ウッドストック)食べに行きたいね〜

2016/10/9(日)"山と音楽と独り相撲〜再会編〜"
会場:下北沢RHAPSODY
open/18:00 start/18:30
出演:溝渕ケンイチロウ/サクマツトム
前売り:2800円 当日3300円(別途1000円分drink、スナック付き)

[PR]
by sakuben | 2016-10-01 22:29

草加の嵐

c0197505_21361790.jpg
昨日の「初恋の嵐」とのツーマン。無事に終了。
嵐と言いつつも、秋雨が続く中での久々の晴れ日で過ごしやすい一日でしたね。

ライブ中のMCでも言ったけど、初恋と前回一緒だった15年程前のNHK-fmの公開収録のライブ、僕は自分のことでいっぱいいっぱいで正直あまりよく覚えていないんです...同じ楽屋でもあっただろうから何かしら話してはいるだろうと思うけど。昨日のライブでドラムのまーくんが、NHKの食堂のことまで話してて、よく覚えているなと感心しつつも、そのどうでもいい内容がまーくんらしくて可笑しかった。

あの当時の僕には、彼らの音楽を理解するところまで行ってなかったと思うんです。その時期その時期によって自分の中での受け入れられるものがあり、その当時では何も感じてなかったのに、今ではもの凄くしっくり来たりってあるものですよね。こうして時を経て改めて新鮮な気持ちで向き合うと、恐ろしい程の曲の強さと言葉を大事にしてきた日本のバンドらしい深みを感じるんです。今更ですけど...

ゲストボーカルのセカイイチの岩崎氏、見事な逞しい歌とパフォーマンスは最高!キュンキュン来てましたよ〜そしてメレンゲのクボ氏。久しぶりに彼と会ったけど、相変わらずの美声に心掴まれるね〜飄々とした感じの中に熱くたぎる想いが、切なく響く独特の声。ギターの木暮さんと玉川さんのコンビネーションがこれまた絶妙で、そこに高野さんの鍵盤が交ざる。歌を支える演奏とはあのようなことを指すんだろうな。高野さんにはハックルはいいバンドだと言って頂いたのが嬉しかったです。

僕らも少しは落ち着いてライブに臨めるようになったのか、ゆったりした曲が多かった分、焦らずに少しずつ上げて行きましたね。

1記憶
2オリオン
3グライダー
4追憶
5はなむけの歌
6星影レイルウェイ
7will
8Monster
9TRY
10さざなみ

初恋のアンコールセッションは、ほんと参りましたね(笑)あのようなところで粋なプレイとかできるほどの技はないんですよね〜やられました...とほほ。でも木暮さんのギター弾けて嬉しい。
この日はラグーナで敬吾がライブだったし、音楽仲間が下北に集まってて打ち上げが合流したりと楽しかったですね〜4ヶ月連続ツーマン、「対マン張りましょシリーズ」これで終了です。スミくん、まーくん始め、初恋の嵐メンバーに感謝。観に来てくれた皆さんどうもありがとう。そしてクラブQue、22周年おめでとうござます〜
c0197505_21320422.jpg



[PR]
by sakuben | 2016-10-01 21:42

change gonna come !!!

c0197505_16232119.jpg
10月に入りました。先日のsoloのライブのことを書いていなかったので。

9/27に下北沢ラグーナへ出演しました。2回目ですね。
今回は7月にツーマンで一緒だったゴンダ氏と、今回2回目の菅原龍平氏。菅原氏は2年ほど前の吉祥寺以来ですね。相変わらずの安定した歌と曲のバランスが絶妙で、無理なくクオリティの高い曲がたまらなく心地いい。音源もさすがですね、文句なく素晴らしいんです。
ゴンダ氏はアコギの使い方の幅が広い広い、こんなにもアコギっていろんなことできるんだなと、さらりとやってのけるその裏に途方も無い努力を感じます。昔からそうだけど、ゴンダ氏には弾き語りであろうがなんだろうがロックスピリットを感じるところが、かっこいいよね。

それぞれキャリアのある二人だから、深みのある音楽性に聴きどころ満載でしたね。
僕は久しぶりのsoloで少し硬かったけど、楽しませてもらいました〜この日観に来てくれた皆さん、どうもありがとう〜
c0197505_16311309.jpg



[PR]
by sakuben | 2016-10-01 17:41

草加ボウリング

c0197505_22515493.jpg

ツーマンライブの第三弾、クリンゴンとのライブが終了。
見に来てくれた皆さんどうもありがとう。

前々からマルちゃんと打ち合わせをして、進めてはいたんですけどやっぱり日が迫ってきてからバタバタとね...でもお互いライブは良かったし、セッションはヒヤヒヤものではあったけど、なによりメンバー皆楽しんだし、お客さんも満足してくれたようだったので嬉しかった。ビクターのインディーズレーベルからの出会いからここまでおよそ18年経って、未だに音を鳴らし続けている喜び。セッションでクリンゴンの「待つわ」をやったんだけど、久しぶりに家で聴いた瞬間、あの当時散々苦しめられたあの曲かと、あの頃の出来事が鮮明に甦ってきた。

クリンゴンは僕にとって最大のライバルであり、最高の友でもあるバンド。一緒に回ったツアーで打ちのめされた僕は、そこからなにがハックルにとって武器なのか、どこが自分たちの魅力なのかを真剣に考えるきっかけになったんです。のほほんとやり始めた僕らがガツンとやられた忘れることの出来ないバンドなんです。

「待つわ」をやりながら当時の光景も思い浮かんだけど、自分自身があれからどれだけ変わったのか、そんなことを思い、ライバルを持って自分を知るいい機会にもなったんです。あの頃の自分と今の自分。外から見るとただ老けた感じかもしれないけどね、中身違うんですよ~
成長がなかったら昨日のライブは絶対楽しめてないからね。懐かしもするけど、常に進化していたいそう思い、今の自分が一番いいと真剣に思っている。それはお互い同じで、その気持ちが表れたライブだったんじゃないかな。
c0197505_22384838.jpg

1はなむけの歌
2SING
3記憶
4オリオン
5月に潜む男
6星影レイルウェイ
7will
8Monster
9青春ボディブロー
10ハイダウェイ(with 丸ちゃん)

アンコールセッション(with Clingon)
1Caravan
2真夏のサヨナラ
3夜行列車
4待つわ


昨年誘ってもらったのにタイミング合わなかったから、今回こうして実現できたことが本当に嬉しかった。キーやん、まるちゃん、平泉くん、健太郎ありがとう。クリンゴンというバンドの存在を思えば、コバッチと鈴木くんにも感謝している。彼らのお陰で今の自分がいるんだと。

僕は音楽によって喜び涙することもあれば、苦しめられもう聴きたくないと思ったり人としての成長を音楽で教わったと思っています。そこには彼らクリンゴンはかかすことのできないバンドなんです。

またやろうぜぃ!
c0197505_22380562.jpg
(photos by kento masuda)


[PR]
by sakuben | 2016-08-23 23:53 | LIVE PHOTO