<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

乾徳山

山に行くのは昨年の10月に行った那須岳以来です。あれだけ山好きなんてこと言っておいてダメだな。今回は溝渕ケンイチロウ氏が広島へ旅立つ前に、ご近所付き合いのよしみから登りに行こうと二人で山梨県は乾徳山(けんとくさん)へ行ってきました。
c0197505_8313863.jpg

サク「乾徳山?知らないなぁ」
ケン「二百名山には入っているぞ」と...
この人は二百名山も熟知しているのかと驚きましたが、よくよく調べてみるといい山なんですね。これはいいと、朝3時に集合し出発しました。ちなみにケンさんはカスタリハ後、徹夜でした。

早朝の中央道をひた走り、一宮御坂インターを下りて登山口のある徳和へ。実際に登り出したのは6時ぐらい。天気は少し曇っている。最初しばらくは樹林帯を地味にすこしづつ上がって行く。久しぶりの山に興奮していたおじさん二人もしばらくしてすぐに息上がる。そして国師ヶ原という少し開けた場所にでると乾徳山の頭頂部が現れるはずだが、少しガスってました。
c0197505_8281280.jpg


そして扇平というところを目指し進みます。ここからは白樺の新緑がとても気持ちよく、草原エリアは、神秘的でなにか夢見心地のような、絵になるような場所でした。少しガスってたのがより神秘的だったと思われ、ケンさんはほんとに寝ながら歩いていたんじゃないかなっていうぐらい。気持ちのいい路、月見岩でしばらく休憩。
c0197505_8285630.jpg

ここから頭頂部へ向かいこの山一番のポイント岩場が続きます。クサリ場、ハシゴあり、高さありと面白さ抜群。これを超えると頂上への最後の岩、「杖棄岩」に出る。なかなかの角度ですが、それほど難しくはなく、すいすいと上がれます。ただみんなが登ってるので岩はつるつるで滑りやすいですね。そして10時頃に頂上到着!ガスもだんだんと取れてきてたのでだいぶゆっくりしてましたね。久しぶりの2000メートル越え。やっぱり高いな〜そして段々と回りの山々の稜線が浮き出て、奥秩父の山並みにいることを知ります。まだまだ行ったことない山ばかりだ。
c0197505_8361673.jpg
c0197505_8371761.jpg

ケンさんはガイド経験もあることから、上がって来る他の登山者の人達ともよく声を交わしていました。山では当然のことながらどんな人も一緒。偉い人もそうでない人も、年齢も人種も性別も関係ない。そんな極々当たり前なことを実感できる場なんですよね。アルプスのような人気はなくとも山の魅力がぎっしり詰まった奥秩父の山々を、ケンさんは名残惜しむように見つめていました。
c0197505_8383496.jpg


だいぶガスも抜けていい天気になり、下山は同じ路を。これだけバラエティに富んだ山をいままで知らなかったとは...まだまだですね〜また来たいと思わせてくれるお気に入りの山となりました。下山後は風呂に行こうと「ほったらかし温泉」へ。とてもユニークな名前で行ってみたんですがこれまた景色抜群の素晴らしい温泉でした〜!甲府盆地を見下ろし遠くには富士山。癒されますね〜有名な温泉なんですね、知らなかった。
c0197505_841346.jpg


二人して疲れているにもかかわらず、他愛のない話しに熱くなりながら帰りました。下北沢から帰る時もこうして、ご近所をいいことにケンさんの車で送ってもらい、僕はあーだこーだと愚痴だったり、どうでもいい泣き言を言ってみたり、そんなことにも彼は付き合ってくれました。知らず知らずといろいろな部分でだいぶ頼っていたなと、今更になって思う日々。寂しくなりますね...

音楽を通じて彼と知り合い、そして音楽とまったく関係のない山を二人して好きになる。こんな関係も悪くないものです。行き帰りの車内にBGMは無くとも音楽を深く愛し、山で聴こえる自然のハーモニーを体感している。かっこいいこと言っていますが、まんざらでもないんです(笑)こんなおじさんの山登り、離れたってまだまだつづきますね。次回はどこ行くかな〜
c0197505_8422327.jpg

[PR]
by sakuben | 2015-05-30 08:51 | mountain

SET LIST

ハックルアコースティックツアーSET LIST
名古屋

一部
1春の微笑み
2雨あがり
3Jim
4プリムラ
5STAND
6パークライフ
7記憶
8グライダー

二部
1さざなみ
2Twin beat
3レンタルレコード
4青空
5アサヤケ
6Beautiful Day
7フタバ
8Caravan
encore
9TRY
10夕暮れの風

大阪

一部
1夜行列車
2春の微笑み
3アクアラング
4プリムラ
5STAND
6ガーベラ
7記憶
8Beautiful Day

二部
1Twin beat
2さざなみ
3フタバ
4regret
5ユウヤケ
6アサヤケ
7Caravan
8夕暮れの風
encore
9TRY
10ハリケーン

c0197505_25657.jpg

(tourphoto mari,masami,akie)
[PR]
by sakuben | 2015-05-26 02:07

アコースティックツアー大阪

c0197505_1385768.jpg

c0197505_1425647.jpg

c0197505_1392080.jpg

c0197505_144939.jpg
c0197505_1451519.jpg

c0197505_1455099.jpg
c0197505_1471464.jpg

c0197505_1475181.jpg
c0197505_1483347.jpg

[PR]
by sakuben | 2015-05-26 01:49 | LIVE PHOTO

アコースティックツアー名古屋

c0197505_113547.jpg

c0197505_1134349.jpg
c0197505_1141753.jpg

c0197505_11503.jpg
c0197505_1183983.jpg

c0197505_11957.jpg
c0197505_12079.jpg

[PR]
by sakuben | 2015-05-26 01:20 | LIVE PHOTO

ハックルアコースティックツアー2015終了!

c0197505_103967.jpg

ハックルアコースティックツアー2015無事終了しました〜
5/23土曜日に名古屋「夜空に星のあるように」、そして5/24日曜日に大阪cafe room。共にワンマンということで、楽しい二日間でした〜どうもありがとうございます!

名古屋に関してはCD出してからすでに16年、初のワンマンとなりました。何度となく行ってる場所ですけどね、僕らもお客さんに言われて、そういえば...みたいな。(笑)
今回は特になにもリリースなどなかったので、いい意味で肩の力を抜いて選曲から楽しんで決めてました。三人とも座ってやるというのも久しぶりだし、自由に曲を決めていた分、やりたいことが増えて楽器が増えたり、たけ兄がギター弾いたりとか、新たな部分も弾き出せたかなと。これからのことを考えてみても面白い内容だったなと思いました。

今回協力してくれた「夜空に星のあるように」のヒロタさん、市川くん、はまちゃんどうもありがとう〜「cafe room」の根津夫妻いつも温かく迎えてくれて感謝感謝です。そして関西スタッフのあきえちゃんいつもありがとう!東京、名古屋、大阪と見に来てくれた皆様どうもありがとうございました〜またやりますね〜!
[PR]
by sakuben | 2015-05-26 01:02

明日から!

c0197505_23752.jpg

さて明日からアコースティックツアーの名古屋と大阪へ。

アコースティックだと音量や音圧が出せない分、技量が問われるところでもあるからね、しっかりやらないとなんていう分、どこか気が楽な部分があるのも正直なところ。
なんでしょうね、場所的にもいつもの日常に近い分、楽なんでしょうかね〜

普段とは違った選曲や、アレンジなど工夫しながら今回のツアーを楽しんでおります。
なのでお気楽な感じで足を運んで頂けたらと思います。お待ちしていますよ〜!

■2015/05/23(土)  "ハックルアコースティックツアー2015" ワンマン
 会場:名古屋 夜空に星のあるように
 開場: 18:30 開演:19:00
 チケット発売: 前売¥3,000 当日¥3,300 (D別)
 問合せ: 名古屋 夜空に星のあるように TEL052-654-5595

■2015/05/24(日)  "ハックルアコースティックツアー2015" ワンマン
 会場:大阪 cafe room
 開場: 17:30 開演:18:00
 チケット発売: 前売¥3,000 当日¥3,300 (D別)
 問合せ: 大阪 cafe room TEL06-6536-5688

ご予約はinfo@huckle-f.comへ。
[PR]
by sakuben | 2015-05-23 02:40

風知空知


c0197505_15452093.jpg
昨日は下北沢の風知空知にてハックルのアコースティックライブのワンマンでした〜
フーチーには以前にも打ち上げや、僕はsoloでの出演などあったけどこうしてバンドでワンマンというのは初めてのことだったので、いつもとは違う感じで楽しめました。
それにしても「風知空知」とは見事なネーミングというか、漢字のあて方ですよね。黒人のブルースマン、マディウォーターズに「フーチークーチーマン」という曲があるんですけどね、訳の意味はまぁ置いといて、当時の南部のスラング用語みたいなんですね。それを微塵にも感じさせない爽やかさ。見事です。

MCでも盛んに言ってましたが、今にも雨が降り出しそうな空模様でした。ここのフーチーは奥のスペースの屋根が開いて開放的な空間なんです。なので夕暮れ時には最高なライブになるという前提で考えていたんですが見事にやられましたね〜まぁこうなるだろうと予想はしていましたが...でも結局雨自体は降らなかったみたいなんで、まぁ良しとしますか。でも自然光が入り込むスペースで歌えるというのは、とても健康的で気持ちのいいものです。曲の聴こえ方、感じ方もいつもとは違ってくるだろうから新鮮ですね。
c0197505_15522566.jpg


一部
1さざなみ
2春の微笑み
3STAND
4プリムラ
5Twin beat
6パークライフ
7記憶
8Beautiful Day

二部
1夕暮れの風
2アクアラング
3カルミア
4regret
5ユウヤケ
6アサヤケ
7Caravan
8フタバ
encore
9Monster
10TRY

今回は久しぶりに座ってやってみることにしたんです。なかなか慣れないものですね〜でもこのような内容ではあるから、ある程度のゆるさの中で時間に余裕持ちながら進めていければいいかなと思っていたんです。すこしゆる過ぎでもあるのかな?アコースティックといいつつエレキも使ってますからね。いつもとは違うってことでお許しください。ES330が弾きたいんですって個人的なこともあり...見に来てくれた皆様ありがとうございました。おかげさまでsold outということでした。
音楽仲間達もたくさん来てくれて嬉しかった〜今度は名古屋と大阪なので、頑張らんと!

c0197505_1558579.jpg

PS:風知空知の斉藤さん、まめちゃん始めスタッフの皆様、そしてさきちゃん、どうもありがとう!そしてこの日スタッフのだるまちゃん誕生日祝いでした〜
[PR]
by sakuben | 2015-05-10 16:04

5/5 CLUBQueにて

c0197505_10105866.jpg
ハックルがいつもお世話になっているCLUB Que。このたび建物の耐震工事に辺り改装することに...
入り口やカウンターの辺りが結構変わるそうなので、どうなるんだろうね。建物自体確かに古いだろうから必要な事ではあるんだろうけど...このところ地震もまた増えて来ているようだし...ステージ回りはさほど変わらないってことが、やる側にとっては救いでしたけどね。ここのQueはほんと音がやりやすいんです。でもそれはステージだけの問題でもないのかな。色々なところに反響して聴こえて来る音なのかもしれないから、改装後がどうなのか心配と楽しみが入り交じっている感じですね。僕らなんかよりも二位店長はじめスタッフは相当な忙しさ、それに営業できない不安でいっぱいなんだと思います。僕らは勝手に音出して楽しんでるだけですからね〜お察し致します。いつもやりやすく楽しませて頂きありがとうございます〜
c0197505_1012375.jpg

そしてライブを5日にやってきました〜Queをホームに活躍しているフリサトとTHE TON-UP MOTORSのギターをやっている井上くん。そしてDJに高橋浩司先生とサクラメリーメンの森西くん。皆ここのQueと深く関わりのある面々ばかり。そりゃ楽しいでしょと。

1ハリケーン
2Beautiful Day
3Twin Beat
4will
5Monster
6TRY
7SING
encore
8ハイダウェイ

子どもの日ってことでね勢い余って最後辺り、喉かすれてたのが残念でしたね〜飛ばしてたんだけどな〜不甲斐ない。でも楽しかった〜また改装後に大きな音で鳴らしたいね!見に来てくれたお客さんどうもありがとう!
c0197505_1013185.jpg
(photos by soffue)
[PR]
by sakuben | 2015-05-07 10:23 | LIVE PHOTO

祖父のこと。

こないだの「独り相撲 春の巻」の時にMCでも話しましたが、祖父のことを。

僕の父親側の祖父は、僕が幼い頃に亡くなってしまったので、ベッドで寝たきりになっていた程度の記憶だけであまり覚えていないんです。少し変わっていた人のようで、ギターやマンドリンなどやり出したり、UFOが好きでたくさん本を買って来たり、それでいてかんしゃく持ちであったと...。そしてなにかと新しいものが好きでよく飛びついていたんだそうです。

なんだかどんな人だったのか...僕も大人になればなるほど、祖父という人間に興味が出て来たんです。なんとなく僕と通じるようなところがある気がして。
そしてそんな祖父もニューヨークへ行ってたんです。幼い頃に祖母から写真を見せてもらった記憶がなんとなくあるし、祖父からのお土産でエンパイアステートビルのトランプを祖母は大事にしていました。そして僕と兄に小さな絵本をお土産にくれたんです。

あれから43年も経ち、今度は僕がニューヨークへ行ってくる。じいちゃんはどう思うだろうかな。祖父が行った頃のアメリカとは今はだいぶ違うけど、今でも世界的中心都市に違いはない。エンパイアステートビルには行かないと。また一つ旅の目的が増えたわけだ。
c0197505_153015.jpg

PS:英語が話せていた訳でもないのにエスペラント語なんて...やっぱり変わってる...
Toなのに「え」って...(笑)
[PR]
by sakuben | 2015-05-02 02:03