<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

McCARTNEY

c0197505_2333369.jpg

独り相撲が終わって、次の日はゆっくりしていようかなと思ってはいたが、ポールマッカートニーの東京ドーム公演が気になってしまい、とうとう行っちゃいました〜
当日券で安いのもあると聞いていたので。

1時間ほど並んで一番安い5500円の体感チケットを購入。これでも十分高いけどポールを考えると安いという、なんという金銭感覚。レジェンド中のレジェンドですからね。
この体感チケットはあらかじめポールさんは見えませんという説明あり。ステージ脇の奥といったところで、ビジョンと音で楽しむ感じ。でも時々ポールが手を振ってくれたり、弾き語りでは前に出てたので見えましたね。

でもその場にいて生で聴けるって感覚はたとえ見えづらくても、十分に価値はあると実感しました!当たり前のように聴いていた誰もが知る名曲を、目の前で実際に聴くという事実に鳥肌が立ちっぱなし。ほんと凄い...
もう誰のものでもない、これぞ「みんなのうた」と言える程の巨大なスケールを感じたライブでした。どんな感覚でポールが歌っているのか想像もつかないな。72歳。恐ろしい程に声出るし演奏できるし、エンターテインメントとして楽しませる事をしっかりやっている。最後に「see you next again」と。素晴らしい!
c0197505_22505938.jpg

PS,これぞ本物を見て、ますますこないだのブラックバードが恥ずかしくなりました...
[PR]
by sakuben | 2015-04-28 23:04 | music

独り相撲 春の巻

c0197505_23242231.jpg
下北沢leteでの2回目になるsoloワンマン、「独り相撲」。いい天気に恵まれよかったな~
今回は春の巻ということで、春らしい曲達を選曲してみました。
花タイトルで三曲とかね。いきなり新曲で開けるというのもたまにはいいかなと、それもあってか少し緊張気味のスタートでしたね。
でもここleteのいい意味でのこじんまりとした空間がすぐに曲に馴染む気がして、やってて気持ちよかったです。

1部
1アンテナ
2Beautiful day
3March
4プリムラ
5ガーベラ
6駅前さくら
7ユウヤケ
8あれから
c0197505_23245676.jpg

2部
1雨あがり~Have you ever seen the rain
2Black bird
3Liverpool
4ともだち
5青空
6僕の街
7アサヤケ
8マラソン
encore
9さよなら影ぼうし
10また君に会いにいく

英語曲は失礼しました。人前でやるにはもう少しなんとかしないとね...反省です(笑)。
久しぶりに見に来てくれた方々、わざわざ遠くから来てくださった方もいて、ほんとどうもありがとう~今回も満員御礼でのびのびとやらせてもらいました。
また次回もよろしくです〜
c0197505_23254442.jpg

[PR]
by sakuben | 2015-04-27 23:29

独り相撲なんです。

ドローンってつい口に出して言いたくなりますよね、ドローンって。
しかもドローンって言うんですね、あのようなものを。
ラジコンヘリとは言わないんですね。何時からそんな言い方になったのか...もしや相当前から当たり前のようにドローンだったのだろうか...そんなことを考えていた今日この頃。

4/26日曜日下北沢leteでのsoloワンマン、予約いっぱいになりました〜ありがとうございます〜感謝感謝。きつきつかもしれないですけど、のんびりできるようなラインナップでやりたいと考えております。相変わらずのぐだぐだ感と思われますが、悪しからず。よろしくです〜

■2015/04/26(日) →SOLD OUT! ありがとうございます
 会場:下北沢lete SOLOワンマン ”2015 独り相撲 春の巻”
 開場:18:30 開演:19:30
 チケット前売¥2,500 当日¥2,800 (D別)
 問合せ: 下北沢lete http://www.l-ete.jp/
c0197505_133289.jpg

[PR]
by sakuben | 2015-04-25 01:37

WINGS

ポールマッカートニーが来日。前回のリベンジですね。
さすがにチケット代金高くて、簡単にはいけないので代わりにウィングスのシアターライブが吉祥寺であったので行ってきました。

リッケンバッカーのベースが良く聴こえて、ポールのベースの上手さが光るな〜
活き活きとしているポール。そしてリンダ。ビートルズ解散後、ポールはバンドを作りたかったんでしょうね、ウィングスを結成はしたけれど幾度とないメンバーチェンジ、リンダの存在、そしてお客さんはビートルズ時代の曲が聴きたいとか、進めれば進めるほどビートルズの存在の大きさを知ったり、若かりし頃のような感じでは転がって行けなかったはず。それでも音楽を求め続けたポール。

返ってこの映画見た事で、ますますライブに行きたくなってしまった...
最愛の人達を亡くしても今もなお歌い続けるポールの来日公演はきっと涙、涙だろうな。
c0197505_2593051.jpg

[PR]
by sakuben | 2015-04-23 03:04 | music

マジックインムーンライト

ウディアレンの最新作「マジックインムーンライト」を鑑賞。

ほんと元気なお爺ちゃんですよね〜こうしてほぼ毎年新作を作り上げている。内容どうであれ、それだけでもう感服してしまうぐらいですけどね。相変わらずのテンポ感と洒落た粋なテイストは、彼独特の持ち味で、そこにはまるともう毎回見てしまう。いつも素敵な女性ばかり出演させるのもウディ映画の特色ですけど今回もエマストーンがキュートでしたね〜正直コリンファースよりも際立っていましたね。三寒四温の春雨の中、ほっこりするストーリーでした。
c0197505_22808.jpg

[PR]
by sakuben | 2015-04-23 02:37 | MOVIE

旅へのstep 2

c0197505_042339.jpg
初夏へのアメリカへ行くのも、まだ先と思っていたらもう4月!なんて早いのだ...
まったくもって英語が進んでいない...こんなにも日が迫っているというのに、なんとかなるんじゃないかとどこか思っている自分が少し信じられない...

今回マサチューセッツ州で行われるWilcoのフェス「solid sound fes」に行くのだが、キャンプサイトを予約しなければならず、ライブ会場の現代美術館MASS MOCAって場所に電話をしなければならない...ネットでは頼めないようなのだ。直接対面していればなんとか、身振り手振りで伝わるかとも思うが、さすがに電話となると...
どうするか悩んでて、近くに英語が堪能な人はいないか、お願いできないかとも思ったが、だめだ!と。ここからすでに旅は始まっているんだ!と決心し、初めて国際電話を小学生レベルの英語で掛けてみたんです。早くしないと泊まるとこなくなってしまうからね。

「Hello, Is this the mass moca?」
「I call from japan 」

この一言から始まり、僕の言いたいことは伝わっていたんだろうけど、向こうからの質問などがほとんど理解できず、「Will you talk slowly?」を何度も言って、「I call you back」を連発。
最終的に5回も掛け直した...

向こうの人はまったく英語通じない日本人から電話来るよって伝えていたんでしょう、3回目ぐらいには「sakuma?」と掛けた瞬間にわかってくれて、最後には少しだけ日本語が話せるって人がわざわざ電話口に出てくれました。要は予約しましたよってことや、支払い方法、他に質問は?など簡単なことを全然理解できず、とんちんかんな返事しかしていなかった...まったくもって恥ずかしい限り。
僕も全て会話は録音してて何度も聞き返したりしたけど、日常会話の英語のレベルに達するにはかなり遠い...まず聴き取れないなぁ〜ここで言っても仕方ないけどMASS MOCAの電話の方々へ感謝したいです。どうもありがとう。Thank you very muchです...あきれた日本人に付き合ってくれて、とてもよくしてもらいました。行くのが不安だったけど少し安心、いや、ますます言葉の壁という現実を思い知ったひとときでした〜次はステップ3へ。
[PR]
by sakuben | 2015-04-10 00:30

pop ゴリゴリ 大陸

c0197505_1371979.jpg
4/3の下北沢251での「climb on !! climbing !!」最高でした〜

KGSS ON THE PEAKSとWash?とハックル、三つ巴のぶつかり合い。しかも同じ世代。大阪と名古屋で結ばれたこの関係性をどうしても東京でと。実に楽しかった〜正直Wash?はリハ以上に音がでかく、ハックル先に出て良かった〜なんてホッとしてましたよ。キレキレの荒々しさの中に、幾つもの拘りを秘めたプレイが素晴らしい!KGSSは正に大陸サウンドで見ている側が、どんどんと高地へ連れて行かされるような、そんな気分にさせられるダイナミックなステージで、山に行きたくなるね〜抜群のかっこよさ!

1月影
2SING
3Twin Beat
4will
5Monster
6TRY
7さざなみ
c0197505_138122.jpg

手強い相手あってこそ、より自分たちを知る事ができる。そう感じたステージだったな。
同世代のバンド達は、昔はたくさんいたけれど、今こうして集まれるかって、そう簡単なものではないからね。向かう音楽性は違えど志は同じというか、共鳴し合える部分は多く、ほんとの音を鳴らし合うバンドの良さを知った、知ってしまって抜け出せないような面々が集まった、そんな最高の夜だった〜
この日のギターはテレキャスターではなくES330で全編弾きました。テレキャスの時のような使い勝手の良さはなくとも、この丸みのあるいい意味でのこんもり感というのは独特で、この音の方が向いている曲もあるなと思いました。
「SPLIT EP」はどうだったかな?いつか感想聞かせてください〜
見に来てくれた皆さんどうもありがとう!そしてKGSS、Wash?ありがとう!またやろう!クライム音!
c0197505_138589.jpg

[PR]
by sakuben | 2015-04-06 01:50