「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2014 独り相撲 西場所

c0197505_3571987.jpg

大阪でのsolo初ワンマン、無事終了しました〜晴天に恵まれ、良き秋晴れでしたね。ライブ後は土砂降りだったけどね...

僕は大阪ドームでのエグザイルのお客さんに交じって、電車で会場入り。エスカレーターの右側に並ぶ感じで、あっ!と大阪に来ていることを実感しますね。会場は西長堀のcafe room。ここは以前からsoloで歌ってる場所で昨年のケルンアルペンツアーでお世話になりました〜お洒落なとても落ち着ける空間。

この日はいま精力的に頑張っている「soratobiwo」くん達がguest出演してくれました。このソラトビヲのボーカル森本くんが、若き日に一人で大阪に出て来た時にハックルを聴いていたと、熱い思いをMCで語ってくれました。当時多感な彼らの生活の中でたまたま僕らの音楽がそこにあって、それが今こうしてこの場で繋がっていることがなんだかとても不思議で、なんともいえない嬉しさがあった。たけ兄、はじを始め、当時の僕らと共に一緒になって頑張ってくれたスタッフ達に教えてあげたい気持ちになったよ。あの頃のことがこうして今繋がっているよってね。ソラトビヲはメンバーみんな人当たり良くて僕はリラックスして臨めました。
c0197505_40041.jpg


1アーモンド
2さざなみ
3駅前さくら
4あれから
5雨あがり〜Have you ever seen the rain
6夜行列車
7サンライズ
8記憶
9キミとボク
10 500マイル
11たからもの
12 river
13 ten
14 12swing
15 マラソン

encore
16 Beautiful Day (with soratobiwo)
17 アサヤケ

もっといっぱいやりたい曲もあったんだけどね、あっという間ですね。
昔からお世話になっている人達や久しぶりに会う人が来てくれて、やっぱりワンマンていいものだな〜としみじみ...セッションではソラトビヲの皆が急だったにもかかわらず「Beautiful Day」を覚えてきてくれて楽しかった〜ソラトビヲはほんといい子達だな〜
c0197505_4185140.jpg

終演後は祝いのお好み焼きを頂きました〜大阪らしい〜!最高!
見に来てくれたお客さんどうもありがとう〜cafe room根津夫妻どうもありがとうございます!そして企画のヨイゴロあきえちゃん、soratobiwoありがとう!

終わってから(exステンレス)の大谷兄現れる。忙しくても見れなくてもちゃんと来てくれる。だから大阪に来た時には会いたくなるんだよね〜
c0197505_423875.jpg

(photos aiberry )
[PR]
by sakuben | 2014-10-28 04:25

10/26 西場所!!

soloワンマン「2014独り相撲西場所」が迫って来ました〜
いや〜楽しみですね。どうなることやら心配な点も多々ありますが、いつもの一人のようになんの気負いもなくリラックスしながら楽しめたらなんて思っています。
ゲストのバンドsoratobiwoくん達も活動めざましく、どんなライブを見せてくれるか楽しみです。

soloの音源、EPの3枚ももちろん販売しますし、11/11のKnaveでのハックルライブのチケットも販売します!あと12/4の下北沢Queのワンマンチケットも持って行きますね。お待ちしております〜時間が日曜日なので少し早めでスタートします。お気をつけて!

■「2014独り相撲 西場所」
日時:2014/10/26日曜日
会場:大阪西長堀caferoom
時間:17:30/18:00
チケット:前売¥2,500 当日¥3,000 (D別)
問合せ: 大阪cafe room info@cafe-room.com
ご予約はinfo@huckle-f.comへ。
僕のツィッター、フェイスブックでも構わないですよ。お気軽にどうぞ〜
c0197505_13485866.jpg

皆さんのお越しをお待ちしております〜すしざんまい!!
[PR]
by sakuben | 2014-10-24 13:55

cairn 1st anniversary

c0197505_2123942.jpg

昨年の10/23に発売したアルバム「cairn」からもうすぐ一年なんですね。
ほんと早いものです...なんでもアニバーサリーでお祝いにしちゃう感じお許しください...

comakusa recordsを立ち上げ、レコーディングからツアーからグッズ、宣伝、出来る限りのことを全てを手作りでやりました。今でも愛着がこもりにこもったアルバムです!構想前から録り始めたからレコーディングはだいぶ時間かけてやりましたね、エンジニアの鳥羽さんにはだいぶお世話になりました。その分いいグルーヴで録れたんではないかと...裸眼の牧野さんと回ったツアーもほんと楽しかった。

いいアルバムですねって言われることがほんと嬉しくてね。一年経つけどアルバムの感想を是非聞かせてください〜レーベルとしてお願いします。まだ聴いていない方はぜひ一度聴いてみてください。iTunesで試聴もできるので。もっともっと売りたいんですよね〜ライブの本数を増やせばいいじゃないかってそんな単純なことでもないしね。でも自信もって広めていかないとね。そして僕らはまた次なるものへと。飽くなき旅はつづく...



HPのスペシャルに載っている曲のコメントをどうぞ〜


1.will
今回のアルバム一曲目は、なかなか決めづらく悩んでいたところに、ふと出来た曲。つくった時は一曲目とか全然気にしていなかったんですが…不思議なものですね。歌詞が自然と時代を投影するものになったので、思い切ってファルセットボイスで歌ってみました。
はじが腕を骨折してまだ数週間ぐらいでのレコーディング。タッチが柔らかいですがこの曲に合ってて返って良かったです。たけ兄はバイオリンベースで僕のリバースフレーズとの兼ね合いはハックル流のビートルズですかね。新たな一面がまた生まれました。

2.Monster
ライブでも定着しつつあるハックルならではのハネビートナンバー。
いかに余計なものを削ぎ落としていくか、後奏に向かっての流れは長年音を出し続けてきたタマモノだと自負しています。キッカケ一つでバケモノになることだってあるんだよと歌ったこの曲で、たけ兄が後奏でモンスター化。ライブのハイライトです。

3.TRY
ベストな音の中に浸っている時というのはなんとも言えぬ高揚感に満たされます。その感情、感覚を浮遊感ある言葉で並べてみました。アメリカンなサウンドに少しスペーシーな要素を加えています。
僕のテレキャスターとエンジニアの鳥羽さんのビンテージアンプのマッチングが最高で、ベーシックギターの音はアンプ直で録りました。

4.記憶
もともとはsoloで参加したジョンレノンのトリビュート「♯9DREAM」の為に書いた曲。(結局はLiverpoolにしました)
抗うことのできない時間の流れと自然の摂理。薄れゆく記憶だからこそ人は深く胸に刻み込むのかもしれないですね。こういうフォークな曲を淡々と演奏することで、風景が浮かび流れるようになったと思っています。意味深なイントロフレーズにたけ兄がトレモロのバリトンベースを加え、いいアクセントになりました。

5.ガーベラ
僕の歌には花の名前のものが何曲かありますが、また一曲増えましたね。もともと二曲あったものを組み合わせた曲で、以前ライブ特典としてレコーディングしたバージョンがありますが、今回は録り直しました。はじがタンバリンを入れただけで、ライブとほぼ同じアレンジ。後半の広がりある展開がお気に入りです。

6.僕らのしるし
ハックルが行ってるライブ企画「草加印」のテーマとしてつくった曲。其ノ拾四でHARCOがゲストの時に出来たので彼が鍵盤で参加してくれています。
結婚式にこの曲を流してくれた友人がいて、それ以降ウェディングソング的な感じにもなっていますね。エンジニアの石坂さんミックスが絶妙です。

7.Link
ハックルにはあまりないタイプの曲。こういうタイトなリズムのものが返って新鮮で喜んでプレイしています。間奏のギターがループするように歌詞も巡り巡ってやって来る時代の流れ、繋がりを歌にしています。自分の生きてきた時代が、今の自分に繋がっている、そんな当たり前のことをこの歳にして強く、改めて思うんです。歳くった証拠ですかね…

8.アサヤケ
2009年に出したBootleg EP#3に収録したハックル流、ネオアコPOP。
僕が青春18切符で、大阪までライブをしに行った時のことが歌われています。夜な夜な電車を乗り継ぎ、朝日を浴びて大阪へ。万博公園でゴロ寝しながら太陽の塔を眺め、親しい人達と会い、ライブをして、次の日京都をサイクリングで回り、そしてまた鈍行で東京へ。行き慣れたはずの大阪が一人だと違って感じられ、とても疲れたけどいっばい吸収した旅だった。その時のライブはイマイチだったけどね。

9.アンサンブル
こういう曲がたまらなく楽しくなってきた年代に僕らも入ってきました。こんなに長くやってきて、いい加減やり尽くしたかと思いきや、新しいのが生まれると今でも心躍るんです。僕が思いもしなかったことがバンドだとマジックが起こるんですよね。だからやめられない。
スライドギターで鳥羽さんが参加してくれています。今回のレコーディングは鳥羽さんの力がなくては実現しなかったので、こういう形で曲に残せてよかったです。

10.たからもの
僕の母方の田舎だった、佐賀の家が売られ無くなってしまったことで、なんとか思いを残したいと、つくった曲。気づけば僕にも、たけ兄にも、はじにも、爺ちゃん婆ちゃんはいなくなってしまったんです。だいぶ遠くへ来たものです。
震災後の仙台のライブでこの曲を歌い胸が締め付けられる思いだったのを覚えています。思い出はその人だけの、かけがえのない薄れゆく宝物。大事にしていきたい一曲です。
[PR]
by sakuben | 2014-10-21 02:31

那須岳


c0197505_2213264.jpg
先日台風19号が通過して、仲間達と栃木の那須岳へ行ってきました。
この山は今も噴煙を上げている正に活火山。もちろん注意は万全に。那須岳は茶臼岳、朝日岳、三本槍岳を指しており、車でだいぶ上まで上がれるのでそれほど大変な山ではなく、上がってから縦走を楽しむのが一般的。僕らも早々と出かけ、ロープウェイを使い、まずは茶臼岳を目指しました。

ロープウェイで上がれるだけあって、一般観光客も多くいますね。途中までは砂利でしたが、半分ぐらいからは火山岩などのガレ場を進みます。噴火の激しさがよくわかります。それにしてもいい天気。青い空に赤茶の山肌とうっすらと緑と紅葉の木々のバランスが絶妙です。ほどなくして茶臼岳頂上へ。わずか50分ほど。

そしてここで急激に黒い雲が出て来て、ガスも出始めた。しかも大きなカミナリのようなカミナリでないような、なんとも言えぬ大きな音(自衛隊の演習?)が何度も鳴っており、御嶽のこともあったので下りることにしました。まさかとは思うけどそのまさかが実際あった訳だし...あの晴天が嘘のようにその後はずっと曇りでした。あっという間の登山というかハイキングだったので、早々とすぐ近くの大丸温泉へ。川自体が温泉であるここの川湯が最高だった〜

今回那須岳に行くには行ったが、あまり味わえなかったのが正直なところ。だけどこういうこともあるのが山。下りることもまた必要な重要な選択である。火山の恐ろしさは重々わかったからね。また機会があればリベンジしたいですね。
c0197505_2245140.jpg

[PR]
by sakuben | 2014-10-17 02:46 | mountain

2014 独り相撲 東場所

c0197505_12174057.jpg

下北沢leteでのsoloワンマン「2014 独り相撲 東場所」が無事に終了しました〜

初めてのleteでしたが、小さな雰囲気のいい空間が弾き語りにはちょうど良く、作りが全体的に木なのも音に影響があるのか響き具合がとても気持ちよかったです。こないだの草加印で喉を壊して以降、喉に少し不安を感じていたけどそんなこと全然忘れるぐらい気持ちよく歌えました〜

一部
1さざなみ
2駅前さくら
3あれから
4Someday
5帰省
6記憶
7キミとボク
8アサヤケ

二部
1夕街
2 500マイル
3オリオン
4月に潜む男
5 ten
6 12swing
7マラソン
encore
8グライダー
9はなむけの歌
c0197505_12232381.jpg

弾き語りは今の自分の状態を知るにもいいことで、バンドとは別のベクトルというか、その分自由にのんびりやらせてもらっています。この日も店長さんが自分の家だと思って使ってくださいと言ってくれたお陰で、ほんとリラックスして歌えました。実際こんなお洒落な部屋ならいいけどね。
見に来てくれたお客さんどうもありがとう。お陰さまで満員御礼でございました〜遠いところからも来てくれた方々もいらっしゃいました、そして間に合わなかった方もわざわざ足を運んで頂きどうもありがとう。またやりますからね。
このまま26日大阪の西場所も張り切っていきたいと思います!
c0197505_12205523.jpg
c0197505_12222421.jpg

[PR]
by sakuben | 2014-10-13 12:26

仙台の皆様へ

先日山バンドこと、KGSS ON THE PEAKSのワンマンに行って来ました。
アルパインロックと自負しているだけあって、彼らの描く山の厳しさ、広大さ、圧倒感などパワフルに音に表れて、それはそれは凄まじかったです〜

そして彼らとのツアーで大阪と名古屋については伝えていましたが、仙台もありますのでお伝えします!但し仙台はハックルの都合が合わなかったので僕のsoloになります。仙台でのsoloは2年前にカフェモーツアルトでやった以来、あの時にLimoのコサキくんが一緒でしたね。
徐々にではあるけど仙台でも交流が増えて来て嬉しいんです。その地方地方でそれぞれのカラーと人となりがあって風潮がある。特にこのennに来るようになってからその交流が濃くなった気がしています。この日もわきあいあいとやれそうですね。楽しみでございます〜

■2014年11月8日(土)
in Soak,61th KGSS ON THE PEAKS『now tour 2014 climb on !!』
会場:仙台LIVE HOUSE enn 3rd
OPEN 18:30/START 18:45
ADV 2,000/DOOR 2,500(1D別)
act:(O.A.)こやまさとし / KGSS ON THE PEAKS / サクマツトム(from ハックルベリーフィン) / ハイチーズ / Limo / 佐藤智文
ご予約はinfo@huckle-f.com
c0197505_1115134.jpg

[PR]
by sakuben | 2014-10-11 01:15

喉慣らし、喉鳴らし

一人でスタジオへ。ソロワンマンへのリハーサル。
少しずつ少しずつ声を出して、ストレッチのように声帯の筋肉を伸ばしていく。
先月の草加印で喉を壊してから、だいぶ経ったんだけれど、歌える状態の声に戻るまで時間がかかりました。
腹式での発声ももちろんしてるけど、喉への負担が僕には大きいようで...今日からようやく大きい声で歌い出した。

風邪がすっかり抜けるのにも時間がかかるし、乾燥し始める時期だしね。こんな僕でも喉だけはデリケートなんですよ。なんて。

さてもう今週末ですね、初めてのleteがどんな感じになるのか楽しみです〜
残り少ないのでお早めにどうぞ〜

■「2014独り相撲 東場所」
日時:2014/10/12日曜日
会場:下北沢lete
時間:18:30/19:30
チケット:前売¥2,500 当日¥2,800 (D別)
お問い合わせ:下北沢lete TEL:03-3795-0275
ご予約はinfo@huckle-f.com
c0197505_01623100.jpg

[PR]
by sakuben | 2014-10-07 00:21

気をつけて〜

家に帰って来て、
すぐに庭の物干竿を下し、物干ハンガーを外し、ほうき、ちり取り、剪定バサミなど
飛ばされないように...

台風対策...
東京は明日の昼ぐらいまでですかね...

てんちゃんも些か緊張気味です。
皆さんくれぐれも気をつけて〜
c0197505_1173156.jpg

[PR]
by sakuben | 2014-10-06 01:22 | てん

陣馬山から高尾山


c0197505_1494469.jpg
山の話しが続いて恐縮ですが、先日陣馬山から高尾山までの縦走に行きました。
山仲間であり、ベーシストのタニーこと谷口翔太氏と行きました。彼とは長いことあちこちの山を登って来ましたが、ここ最近お互い山から遠ざかっていたので久しぶりに足慣らし的な感じで行ってみました。

この陣馬山から高尾山の縦走コースはかなりメジャーなルートで、ビギナーの方でも十分楽しめるコースですが全長18.5キロ。なかなか長いですね。登山というよりはむしろトレッキングで、夏場はかなりしんどいと思われますが、今から紅葉シーズンはいいですね。僕は4年前に一人でこのコースを歩いたんですが、その時は高尾山から入ったので、今回は陣馬山から入りました。
c0197505_1521131.jpg

急登が続いていましたが、一時間少しで陣馬山頂上へ。陣馬高原と言われる頂上エリアは広々として360℃見渡せる気持ちのいい場所です。その昔戦国時代に北条氏と武田氏が陣を張ったということから付いた名称の山で、白馬の像が頂上のシンボルになっています。青空の下に折り重なるように薄らと稜線が続き、その奥に富士山が雄大に構えている。ここが最初で正解でした〜
ほどなくして、高尾山に向けて縦走スタート。とても歩きやすいコース。お互い体調も天候も万全、杉の森を抜ける風が気持ちよく、たあいのない会話も弾みます。
c0197505_210826.jpg


明王峠を抜け、標高を下げて行きます。だいぶ歩いたところでようやく景信山へ到着。ここでお昼にしました。前回僕が一人でこのコースを歩いた時に、小屋で何か食べようと思っていたらことごとく全て閉まってて、わずかに持ってたアルフォートだけで陣馬山まで行ったことが、今となればいい思い出です。この日は遠くの街を眺めながら、バーナーを持って来ていたので充実したお昼を過ごしました。
c0197505_1591788.jpg


そしてここから小仏峠、城山を抜けて高尾山へ。小仏峠は中央道でよく渋滞情報で流れる小仏トンネルの上ですね。この辺りから人が増え始め、軽装での格好が大半を占めています。僕らも高尾山に付いた頃にはだいぶ足が疲れてましたが、ここでへばってもいられないので稲荷山コースで下山。このコースが人も少なく落ち着いて歩けます。僕もタニーも少しずつ膝が痛み出して来ましたが、夕方には無事下山。やっぱり体力落ちたな〜とお互い話しつつもその足で、麓の店に入り蕎麦を食す。美味かった〜紅葉はもう少し先ですけど、少しだけ色づき出している木々や、すすきが早々と秋を感じさせてくれるいいコースでした。
c0197505_1533164.jpg

c0197505_156772.jpg

[PR]
by sakuben | 2014-10-04 02:13 | mountain

now

10月に入りました〜紅葉シーズンでありますね。

この時期にKGSS ON THE PEAKSがアルバムを発売する。
さすが山をわかっているな〜ジャケットの色合いもばっちり。音を聴かせてもらいましたが、もはや新人バンドの粋ではない。それなりのキャリアを積んできた者達が、共通の山というテーマのもとに集まり音を創り出す。こんなのってこのバンド以外ないですね。ハックルも山は好きだけど、それが中心なわけではないし...これぞアルパインロック!

僕らのケルンアルペンツアーファイナルでも素晴らしいライブを披露してくれたクライマー達。ライブは余裕すりゃ感じるほどに抜群で、なんだか山の厳しさから逞しさ広大なスケール感などが音に伝わってくる気がします。彼らは10/8に吉祥寺ROCK JOINT GBにてワンマン。11月にハックルも参加し大阪、名古屋とツアーに出ます。

■2014/11/11(火) ”now tour 2014 climb on !!”
 会場: 南堀江knave
 開場:18:30 開演:19:00
 出演:ハックルベリーフィン/ KGSS ON THE PEAKS / wash?
 チケット発売中: 前売¥2,800 当日¥3,300 (D別)
 問合せ:南堀江knave TEL06-6535-0691

■2014/11/12(水) ”now tour 2014 climb on !!”
 会場:名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
 開場:18:30 開演:19:00
 出演:ハックルベリーフィン/ KGSS ON THE PEAKS / wash? / THE CHELSEA
 チケット発売中: 前売¥2,800 当日¥3,300 (D別)
 問合せ:名古屋CLUB ROCK'N'ROLL TEL052-262-5150

チケット予約はinfo@huckle-f.comへ。

c0197505_13291139.jpg

[PR]
by sakuben | 2014-10-02 13:38 | music