「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

九月〜!

さて下半期9月に突入!
気づけば早いものです、だいぶ涼しくはなりましたが、まだまだ暑い日々は戻ってくると思われ、短パンライフはもうしばらく続きそうです。

そして9月は草加印です!
c0197505_23464136.jpg


今回のゲスト山田稔明氏。
彼にも原点にはアメリカンミュージックというベースがあって、そこはハックルとも近いものがあると思うんだよね。彼の方が圧倒的に音楽知識が高いから、僕はなんとなくって感じではあるんだけど。プライベートでも猫を愛するWILCO、スライダーズ仲間としてハックルとも良き交流をしています。そしてこの日も強靭なバンドメンバーを揃えてのライブと聞いてますよ!今度の草加印は間違いなく今までにないほどの幸せ感に満たされたライブになるのではないかと思います。なんて...(笑) よろしく〜!

山田稔明『新しい青の時代』(2013.7.7発売)ダイジェスト試聴
https://t.co/MJX7Mfx6Ev
[PR]
by sakuben | 2014-08-31 23:58

Big Wave

c0197505_133875.jpg

山下達郎のアルバム「Big Wave」発売から30周年。
とても思い入れのあるアルバムです。

当時12歳でこれを新譜で聴いたのを覚えています。ハックルの曲にもあるレンタルレコード屋で借りて聴いたのが30年前。聴くたびに清々しい風が流れるようなそんな気分に浸れ、幼心に心振るわせていました。実家の自分の部屋を思い出します。まだギターも弾く前ですね。あれからギターを覚え、曲をつくる喜びを知ってから僕の人生は大きく変わった。このアルバムはそんな僕の人生にも大きく関わっているんです。

アナログ盤でA面がオリジナル、B面がビーチボーイズのカバー。
凄いことは、曲自体は特に難しいことはなく、当時12歳の僕にだって好きになれた普遍的であるのに対し、演奏、サウンドに関してはもの凄く徹底されており、技術の高さこだわりは有名な話しです。そう簡単にできるものではないのに、ついつい口ずさめるぐらい手軽に身近な存在の曲達、そこがとても職人ぽく惹かれるのかもしれないですね〜そんな気がします。でも当時12歳の僕はそんなことはよくわからなかったし、それでも好きになれた、それが30年経った今でもいいと思える。こんな素晴らしいことはないですよね。
ほんと憧れる。

このアルバムはサントラなんですけど、こんなに好きな割に映画は見たことないんです...
今度見てみようかな。
[PR]
by sakuben | 2014-08-30 01:43 | music

イマフェス2014東京

c0197505_1442233.jpg

名古屋、大阪と続いたイマフェス、東京渋谷のチェルシーホテルで無事終了しました。
この東京では9バンド出演、全員で40人ぐらいいるんじゃないかな?凄いよね。

僕らは真ん中辺りの出演でした。フェスは出演者の数も多いのでリハなしで臨むことが多く、この日も当然そうでした。なので行き当たりばったりでどんな出音なのかはわからない、なのでやっぱりやりやすい環境ではないんです。でもそれは音を担うPAさんもしかりで、お互いその瞬間を緊張しながらおこなっている。だからそんな環境にも左右されず、しっかりといつもの自分たちのスタイルを出すことがどのバンドも大事にしているわけで、ハックルもそこは肝に銘じている訳ですが、やはり苦手ではあるんだよね。やり慣れている場所ならともかく...でも昨日のチェルシーホテル、気持ちよくやらせてもらいました〜

1はなむけの歌
2Monster
3TRY
4記憶
5Mountain
c0197505_14575535.jpg

このようなイベント企画するスキップカウズ、それにスタッフの皆さんがほんと凄い。ただバンドが多く集まってやるフェスは多いけど、イマフェスって独特ですよね。馬鹿げていることだって、それぞれが楽しませることに真剣で、かっこいいと思ったな。僕らも演奏時間は短くても、十分楽しめるイベントだったし、お客さんも楽しんでいる様子が伝わって来ていた。スキップカウズ、スタッフの皆さんお疲れさまでした。出演者の皆さんお疲れさまでした〜見に来てくれたお客さんどうもありがとう〜!ウィ〜!
c0197505_14463030.jpg

[PR]
by sakuben | 2014-08-25 14:59 | LIVE PHOTO

Rehearsal

ハックルのリハの日でした。以前は毎週のように入っていたリハも、今はやる時とやらない時とのメリハリをつけて集中して行っています。

公民館を借りて長く入る時や、スタジオに入る時などまちまちですけど、僕は結構リハ好きでもあり、時折大きな音でエレキを鳴らしたくなったり、大きい声で歌いたくなったりするので、一人ででもスタジオに入ったりします。
ストレス溜ってるって訳でもないんですけどね...

自分のコンディションを知るために、僕にはなくてはならない場所。
声の伸び、喉の具合、指の動き、ギターの感触、ペダルの具合、確認確認。そこから演奏してみてたけ兄、はじの状態、かみ合い、ノリなどなど...

知らない間に、少しずつ変化して行くものだからね。良くも悪くも...
こんなことをもう何年と繰り返している。おかしくて〜たまんないね〜♪
c0197505_23204292.jpg

[PR]
by sakuben | 2014-08-22 02:17

SHURE

今年に入ってすぐに「裸眼」のライブで横浜に行った時のこと、混み合う電車の中で僕はイヤフォンをしてギターを抱えていたんです。

ある駅に着いた時に下りる人達がいっぱいいて、その波に僕のイヤフォンが引っかかり、僕の耳からいきなり外れたんです。そしたらその落ちたイヤフォンを拾った人がなぜか、その引っ掛けた人のものだと思い、落ちましたよと渡しながら、二人は電車から降りたんです。その受け取った人も自分のではないのに、あまりの突然の出来事とその流れの良さに受け取り、僕は呆気に取られ声も出ず、電車のドアは閉まり動き出しました。

そんな訳で、そこからはずっとiPhoneの純正イヤフォンを使用していましたが、ようやく今になって新しいのを購入致しました。
さんざんマイクでお世話になっているシュアーのSE112を購入。イヤフォンも上を見ればキリがないわけで、この購入したモデルもそれほどいいものではないのかもしれないけど、僕には十分。今までのものよりかは段違いにいい。今更ながらカナル型にしてみました。やっぱりいいものです。自分の作ったアルバムがやっぱり一番違いがわかるものです。今度は引っ掛からないように注意しないとね。
c0197505_1122158.jpg

[PR]
by sakuben | 2014-08-21 01:20

御盆

家の近くに緑に覆われた遊歩道があるんですけど、先日そこでスマホを拾ったんです。
まさかと思ったら電源入るし...回り見渡しても人はいない。

中を見るなんて気味悪いから、そのまま交番へ届けることに。
そのうちに掛かって来たらどうしようかと思ったけど、何事もなく交番へ。

「あの〜携帯拾ったんですけど。」
「あ、そうですか、ありがとうございます。」

僕よりも若そうなおまわりさん。

「謝礼に関して請求はいいですか?」
「うん?!」
「謝礼の請求ないということで良ければ、ここにお名前を...」
「そんなつもりなんてないですよ。いつどこでとかいいんですか?」
「あ〜ではどこで?」

きっと落とし物の届け出の際は、謝礼の請求有無の確認を忘れぬよう決まりなのかもしれないけど、訪ねる順番ってあるだろうにと...まだ新米のおまわりさんのようだったから仕方ないけどね。人に話すとき、同じことを伝えるのでも話す順番で印象はだいぶ違ったりする。そのことを改めて感じました。頑張れよ!おまわりさん!
持ち主見つかったかな〜
c0197505_213324.jpg

[PR]
by sakuben | 2014-08-13 02:23

イマフェス2014大阪

c0197505_22165880.jpg

そして次の日は大阪、阿倍野ハルカスのお隣、ROCKTOWN。
ここも初めての場所でしたが、立派に作られたライブハウスですね〜ここの店長今富さんとも古い付き合いで、久しぶりに会えて良かったです。

この日は名古屋の出演者にプラス2組、森山公一 the sokaiと、もるつオーケストラが加わり、7組の出演。楽屋はてんやわんやですよ。森山さんとはオセロケッツの頃に何度か対バンしてると思うんですが、今回ちゃんとご挨拶できてよかったです。このイベントの物販で缶バッジがあるんですが、出演者の似顔絵が書いてあり、一回200円で箱から引いたものがもらえることになっているんです、森山さんのお子さんが引いた缶バッジは僕の似顔絵のものが当たり、服に付けてくれていたそうです。嬉しい...それにしても似顔絵、上手いですよね。遠藤さんさすが!
c0197505_22253417.jpg


この大阪では転換の間に、出演者の一芸自慢コーナーがあり、はじが得意の猫まねを披露。そして僕が兄弟の心を読み取る技!?を披露しました。お粗末様でした〜
イベントは名古屋、大阪共にちゃんと工夫がされててさすがはスキップカウズ。人を楽しませる、真の心意気をライブからもこういった演出からも感じられ素晴らしいと思いました〜

1TRY
2Monster
3Beautiful Day
4記憶
5青春ボディブロー
c0197505_22233380.jpg
c0197505_22213698.jpg

ハックルは少し機材トラブルなどもありましたが、なんとか頑張りました〜久しぶりに青春ボディブローを披露。通天閣辺りでこの曲のPVを撮ってて見知らぬおっちゃんに「そのグラブで殴ってくれや〜」なんて言われたことを思い出しましたよ。あ〜怖い!
最後は名古屋に続いて、「YAH YAH YAH」を皆でセッション。またもや可笑しかったな〜イマヤスさんはほんと、天才ですよ。出演者の皆さん、今富さん始めROCKTOWNのスタッフ、どうもありがとう〜そして見に来てくれた皆さんありがとうね!
次は24日に東京です!
c0197505_22442180.jpg
(photos by akie & masami)
[PR]
by sakuben | 2014-08-04 22:47 | LIVE PHOTO

イマフェス2014名古屋

c0197505_1864887.jpg

スキップカウズ、イマヤスさん主催の企画、「イマフェス2014」名古屋と大阪が無事終了しました〜イマヤスさん自身でも語っている通り、どこも似ていない、音楽性バラバラのバンド達を揃えてフェスをする意味、とても共感します。そしてそれ相応に出演者の年齢層も高いので安心して臨めるこの感じ、有り難いですね〜それぞれに違った音楽を認め合う、これこそ良き音楽のスタイルなんですね。
c0197505_18142347.jpg


名古屋はこの日、初めてのell SIZE。ellには昔散々お世話になり、その頃はまだSIZEがなかった頃だったので今回このタイミングで出来、オーナーの平野さんとも久しぶりに話し出来て嬉しかった〜
ライブはどのバンドも様々なところで活躍してきた強者ばかりなので、さすがでしたね、僕らも僕らなりの違いを出しつつも、リラックスして楽しみました。

1記憶
2Mountain
3Monster
4TRY....with イマヤス
5たからもの
c0197505_18122210.jpg

TRYはイマヤスさん迎えて歌いました、意外と僕とキーが近いのではまりがよく、めちゃくちゃ楽しかった〜
ラストは全員でセッション、チャゲアスの「YAH YAH YAH」を...抜け目ないですね。まともに聴いたことないのに歌えるって、やっぱり曲の強さなのかな、恐るべし...歌詞はちょっと色々あるかもですけどね。盛り上がりましたね〜

打ち上げは台湾ラーメンでも有名な「味仙」へ。ellの平野さんに持て成して頂きました〜ありがとうございます。昼に矢場とんにも行ったし定番の名古屋を満喫した一日でした。見に来てくれた皆さんどうもありがとう〜
c0197505_18142225.jpg
(photos by masami)
[PR]
by sakuben | 2014-08-04 18:31 | LIVE PHOTO