「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

アルバムリリース決まりました〜!

soloツアーから発表していましたが、ハックルのアルバムがとうとう発売されることになりました〜!やった〜!長かった〜!
c0197505_1353621.jpg

「cairn」

全10曲
2013/10/23 on sale
DQC-1151
税込価格¥2500
税抜価格¥2381
comakusa records

「cairn」って読めないですよね?正しくは「ケアン」らしいんですが「ケルン」と読んでください。
山登りやトレッキングなどで途中に石などを積み上げる、記念の塚のことです。
前回の「Traveling」から色々なことがあり、時に苦しみ悩み、様々な思いを経てここまで来ました。それでも音を出している時は変わらぬ三人でいられたし、バンドというそのものの尊さを日々の生活の中で感じたのも事実。そんな思いやら願いやら憂いやら...ありとあらゆる積もり積もった作品であることからこのタイトルに決めました。それとこれからの道しるべとしてもね。

山登りから影響というか学んだことは数知れず、今もなぜ登るのかの答えはわかりませんが、特に難しくは考えていません。いたってシンプルに、音楽と一緒、そうしたいから。かっこつけて言うならば「no reason 」ですかね。(笑) 今回のタイトルに僕の中ではすんなりと生まれて来たものでした。

それとハックルのレーベル、「comakusa records」を立ち上げ全国リリースします!これまた山づくし...コマクサは高山植物の女王と呼ばれる花で、あまり植物等が育たないような場所に根を深く張り、小さな花を咲かせる山界では憧れの花です。そんな逞しさに惹かれたのと、花の形が3つに分かれていて三位一体を表しているところも気に入ったので三人で話し合い決めました。頭が「C」なのは洒落です。
音楽だけをつくるだけならともかく、販売までともなると色々と不手際があるかもしれませんが、どうか皆さんよろしく。ご指導ご鞭撻をお願い致します...なんてね。
でも精一杯温かい音楽を届けたいという気持ちはしっかりとありますのでよろしくお願いします。
ライブも入れて行きますので待っててください〜
[PR]
by sakuben | 2013-07-28 02:00

ぶらり下北一人相撲~vol.5

c0197505_169491.jpg
おかげさまで「ぶらり下北一人相撲」もvol.5までになりました〜
見に来てくれた皆さんどうもありがとう!

ほんと気持ちよく歌えました〜
今の自分に出来る、歌いたい思いは出せたかなという感じです。
やはり旅をして帰って来てから歌うというのは、色々と話したいことがあったり、思いも詰まっていたりするから、気持ちは一入だね。ついついMCが長くなっちゃったり...まぁワンマンだからいいけどね。
c0197505_1693027.jpg

【1部】
1アサヤケ
2Beautiful Day
3さざなみ
4river
5青空
6君とぼく
7おいで

【2部】
1君をまつ
2あれから
3記憶
4たからもの
5夜行列車
6ともだち
7また君に会いにいく
encore
8やさしさに包まれたなら
9TRY
10マラソン
c0197505_16111483.jpg

敬吾がツアー中に、「サクさんは旅してないのに、なんか旅の雰囲気があるんだよな〜」って言ってくれたことが最大の褒め言葉で、そんなことも思い出しながら歌っていました。
どの曲も僕にとって意味あるものばかりで、リアルなものばかりです。これからも大事に歌っていきたい。見に来てくれた皆さん、友人、CCOに感謝。
(photos by e-ko)
[PR]
by sakuben | 2013-07-26 16:08

いよいよ!いーよ!

さてさていよいよ
やれやれとうとう
ほらほらこいこい
今日ですよ!

お待ちしていまーす!


■07/25(木) サクマツトムsoloワンマン~ぶらり下北一人相撲~vol.5
 会場:下北沢BAR?CCO
 開場:19:00 開演:20:00(2ステージ予定)
 出演:サクマツトム
 料金:前売¥2,300 / 当日¥2,800(+2D=¥1,000)
  ※mail予約ができます→info@huckle-f.com
 ※必ず、公演名.お名前.人数.電話番号をそえて下さい。
 
  BAR?CCO TEL.03-3414-2444[18:00~]

c0197505_1313610.jpg

[PR]
by sakuben | 2013-07-25 01:33

夏休み

長く見続けていた「龍馬伝」が終わった。
あれだけ人だからね、知ってるつもりだったけど、知らないことが多かったな。ドラマであるから脚色してる分どれだけ事実に基づいているかは、わからないけどね...でも偉大な人に違いはない。

幕末のあの頃、龍馬に限らず多くの人が世の中を思い考えていたはず。歴史を学べば、それぞれ地方に行く時の感じ方、捉え方もだいぶ変わる。ますますあちこち行きたいね〜

この国のために、命をかけて取り組んで来た若者がいたことを思えば、自分が選挙に投票しに行くことぐらいなんともないこと。ただ引越してもなお、以前の仙川に投票に行かねばならないのが少々面倒だけどね。初めて西武多摩川線に乗って投票に行きました...
未来、子供達のためにもね。
c0197505_1083482.jpg
この路線、同じ東京とは思えないほどのローカルさで気に入りました〜
[PR]
by sakuben | 2013-07-22 10:17

向日葵

近所の農園に咲いているヒマワリ。
いいね〜夏らしく、いきいきとして...僕はどっちかというと小さい花の方が好きだけど、ヒマワリは大きくても好きだな。なんでだか...

植物のひたむきさに関心するばかりの今日この頃。
元気頂きました〜!

■07/25(木) サクマツトムsoloワンマン~ぶらり下北一人相撲~vol.5
 会場:下北沢BAR?CCO
 開場:19:00 開演:20:00(2ステージ予定)
 出演:サクマツトム
 料金:前売¥2,300 / 当日¥2,800(+2D=¥1,000)
  ※mail予約ができます→info@huckle-f.com 
 ※必ず、公演名.お名前.人数.電話番号をそえて下さい。
 
  BAR?CCO TEL.03-3414-2444[18:00~]

c0197505_1375440.jpg

[PR]
by sakuben | 2013-07-21 01:48

名古屋 夜空に星のあるように

c0197505_173399.jpg

大阪から名古屋へは近鉄の特急アーバンライナーに乗って楽チン移動。
今回の旅はあちこちで電車に乗れてなかなかテツとしては嬉しい限りです。後ほど電車特集でブログを更新したいと思います。

そして前回のtraverse tourでお世話になった「夜空に星のあるように」さんへ到着。
ここもいいスタッフばかりで、すっかりお世話になっています。とにかくカレーの美味さといったら格別!この日2回も食べてしまった...
c0197505_185460.jpg
c0197505_185011.jpg


敬吾とのツアーも最終です。お互いいいステージが出来たね。この日アンコールでやった「明日の出来事」がとてもいい感触だった。僕と敬吾とは正直、音楽性も好きな音楽もおそらく全然正反対なんだろうけど、そんな僕らが共鳴できるのは、音楽だけのちっぽけな部分でなく人として、その人間性に魅力を感じてるからこそ。僕には到底創り出すことのできない世界が敬吾にはあって、逆に僕にしかできないモノがある訳で、それをお互い尊重し尊敬しているからこそこういう二人で回ったりすることが出来、また新たな曲作りに反映されたり...そんな当たり前の大切さを身に染みて感じたツアーだった。
それにしても敬吾は幼いね〜僕の寝顔をiPadでこっそり撮って、僕がステージで歌ってる途中に見せつける...あーやだやだ。大人は大変よ!
c0197505_1102850.jpg

1river
2Beautiful Day
3君とぼく
4おいで
5あれから
6マラソン
7たからもの
8また君に会いにいく

ライブ後、栄に戻りスタッフ達と大須の味仙で打ち上げ。名古屋での宿泊も久しぶりだったのでゆっくり名古屋の夜を楽しみました。敬吾もだいぶ飲んでいたね。翌朝、僕は東京、敬吾は広島へ旅立ち「処女飛行~16年の付き合いですがなにか?」は終了しました。
ご協力してくださった皆様、見に来てくれたお客さん、ライブ会場の皆さん、どうもありがとうございました。改めて感謝します。そして岩瀬敬吾に感謝。
c0197505_1111427.jpg

[PR]
by sakuben | 2013-07-19 01:15

大阪 酔夏男

c0197505_21331689.jpg
大阪はBarの酔夏男(よかにせ)。今回はランチライブなんです〜
朝に大阪南港についてまっすぐ心斎橋へ来ました。

ここの肩肘張らない空気感はなんなんだろうね。ほんとリラックスして出来る貴重な場所。今回はオープニングアクトで南努くんが参加してくれました!真面目ないい子で、人に好かれる好青年。同じツトムくん元気あって素晴らしい〜その後敬吾が歌い、僕が最後になりました。
c0197505_2133308.jpg
c0197505_21342731.jpg

1river
2たからもの
3おいで
4あれから
5君とぼく
6アサヤケ
7Beautiful Day
8また君に会いにいく

調子に乗って長々とやり過ぎてしまったかもしれないと、反省...
福岡で墓参りに行った気分からか、riverを歌い、たからものに続けました。CDもたくさん買ってもらい嬉しかった。あとここ酔夏男の名物かすうどんを食べれて良かったな〜
前回soloで初めてツアーした時に、ここ酔夏男でやったんだな。こうして前回のツアーからもお客さんが続いていることが嬉しいし、新しい人達に見てもらえることでより広がって行く。積み重ねていくものなんだなと、しみじみ感じたライブだった。
c0197505_21354587.jpg

[PR]
by sakuben | 2013-07-18 21:45

福岡から大阪へ

c0197505_1425545.jpg

次の日は大阪までの移動日。
しかも門司からフェリーで移動なので夕方まで福岡を観光することに。

結構遅くまで飲んでいたので、昼はさっぱりなのがいいと鯛茶漬けの人気のお店「よし田」へ。これは抜群に美味かった〜初めは刺身で食べて、その後に茶漬けで食べる。何杯でもいけちゃう!満足でした〜
c0197505_14274448.jpg

ちょうど福岡は山笠祭りの時で、街は活気づいていました。中州の方へ行き櫛田神社など山笠の雰囲気を堪能。とにかく暑かったけど、こういう街ならではの風習を知ることが旅の醍醐味でね、実に面白い。山笠の伝統を受け継ぐ正装(言わばふんどしのような格好)に子供達はお尻を隠しながら歩いてたり...可愛いね。夕方頃に明治通で迫力ある各班の山(神輿のような...)のお披露目パレードを見て、福岡を後にしました。
c0197505_1429101.jpg
c0197505_14293265.jpg


移動の新幹線の中、座席が足りずに二人の孫を連れたおばあさんがいて、敬吾はその小さな孫達にここ座りなとiPadで「しまじろう」を見せる。最初は危機感を抱いていた子供達もしだいに敬吾の話術に惹かれ、しまいにはなついてしまう...さすがとしか言いようがない、たいしたもんだ。
c0197505_1431297.jpg

久しぶりに小倉へ。ここも10年ぶりぐらいだろうけど、それほど駅は変わった様子はなかった。そして夕立の中バスで門司港へ。フェリーの旅はハックルの時でも何回かあるけど好きだったね〜ゆったり乗れるからね。19時半頃出港して朝の8時ぐらいには大阪へ着く。そしてこのフェリー、今回僕らは演奏者として乗せてもらっており、乗船費が無料。しかも個室で食事まで付いている。この至れり尽くせりの船旅たまらんね〜そして20時頃にロビーで歌うのだが、マイクも何も用意されていない場所でただただ大声出して歌うのみ...正にストリートと同じ。自分の声の通らなさを痛感し、初心に戻った気分になれました〜何人か聴いてくれたお客さん達に感謝です。
c0197505_1439287.jpg

そこからは夕飯を食べ、風呂に入り、敬吾と船上で長々と話した。僕らが知り合い16年、月日は流れたけどこうした時間を設けられたことは一度もなかった。ゆるやかな船の揺れが心地よかった。
[PR]
by sakuben | 2013-07-18 14:44

福岡へ

c0197505_3261769.jpg

c0197505_3252741.jpg

福岡は6.7年ぶりぐらいになるだろうか...
今回は祖母の墓参りに行くため、敬吾よりも一日早く出発しました。

出発は飛行機で。スターフライヤーに初めて乗りました。いいですね。綺麗だし、ギターも丁重に扱ってくれて良かった。また利用しよう。
福岡着いた途端、日差しの強さに九州らしいなぁ〜と感じた。東京よりもあまり湿度を感じなかったからそれほど嫌な暑さではなかった。そして久留米まで行きお墓参り。

お墓を案内してくれたお婆さんの喋り方が、祖母を思い出させ胸が熱くなった。もう10年ぐらい前になるかな、STAND TOURで大分のライブ後、僕はみんなと別れ一人祖母へ会いに佐賀へ行った。突然の訪れに祖母は喜んでくれて、いっぱい話した気がする。でもそれが最後だった。あの佐賀の家自体も最後の訪れだった。そんないろんな幼い頃からの思いがここの九州にはあって、ただライブしに来るだけじゃなくて、ちゃんと自分の思いと向き合っていたく前の日から入っていたわけだ。やっぱり前日入りしておいて良かった。懐かしい人達とも連絡取り合ったり心温まる一日だった。
c0197505_327112.jpg

そして二日目、ライブまで時間があるので歌っておこうと、地元のリハスタに入り練習。といっても暑いのもあるので涼みもかねて。でも隣の部屋との防音が全然できていないスタジオで、爆音バンドの音が漏れ放題...たいした練習にもならず。
ライブ会場のカフェ「タロカリ」さんは素敵なお店だったな〜とてもいい雰囲気だし、店長のアカリさんも素敵な人だった〜またここでやろう!
c0197505_3271827.jpg

c0197505_3311271.jpg
(photo タロカリさんより拝借)
敬吾とのツーマン初日、アンコールぐだぐだで二人して反省。でも楽しいライブだった。

1さざなみ
2夜行列車
3キミとボク
4おいで
5あれから
6たからもの
7また君に会いにいく

この日初めて出会えた人達ばかりで嬉しかったな〜遅くまで飲んでて、うどん食べに居酒屋ウエストへ行きました!
c0197505_3274115.jpg

[PR]
by sakuben | 2013-07-18 03:37

TOUR 無事終了

「岩瀬敬吾とサクマツトムの処女飛行~16年の付き合いですがなにか?」無事に終了しました〜

家に着いて、まったりしてたらもの凄い睡魔に襲われ、泥のように眠りました。
後で振り返りブログ更新していきたいと思います。
このツアーでお世話になった皆様、ライブ会場、見に来てくれた皆様どうもありがとうございました。このいい疲労感がたまらく心を満たしてくれています。

そして岩瀬敬吾に感謝。
c0197505_092224.jpg
タロカリさんの写真を拝借。
[PR]
by sakuben | 2013-07-17 00:11