カテゴリ:train( 30 )

松本から静岡へレイルウェイ②

c0197505_064514.jpg
甲府まであずさで来て、ここから身延線に乗り換え。
出発まで20分ほど時間があったのでたけ兄は喫煙タイム。僕は駅のお土産屋さんで物色。ほうとうを買いました〜そして身延線の特急ワイドヒューふじかわに乗り込む。ワイドビューとだけあって大きな窓だがフォルムが在来線と似た感じで親しみある感じ。3両編成で指定席は1両で残りは自由席。
c0197505_072050.jpg

南アルプスを眺めながら日本ならではの素朴な田舎風景を進みます。こんな場所での生活はどういう感じなのだろうかと、いつも車窓からそんなことを思います。車掌さんが切符の拝見で来ました。新人くんとベテランさん。そしてたけ兄がどうせなら先頭車両へ行こうと言ってくれたので、車掌さんに伝え先頭車両へ移動。パノラマ感が味わえる運転席で、見事なまでの単線が山あいに伸びています。かなり深い山に入って行くので狭いトンネルが続き、特急でも速度はかなりゆっくりの山岳路線。列車が山道を登るって結構な力が必要になるんだよね。なんだかじっと移り変わる目の前の風景を見ていました。
c0197505_0234871.jpg
c0197505_0233584.jpg

そして富士宮の辺りに来て、ドカーンと大きな富士山!見事でした〜立派な山だな〜
c0197505_0272352.jpg

ここから徐々に速度を上げて富士駅へ。富士駅にてスイッチバックで静岡へ。駿河湾沿いを走ります。ここはいつも車で気に入ってる由比の辺りで、一番海側を東名高速、次に国道、そして一番内側を電車が走る。いつも車から見ている風景を電車から見れるとは嬉しかったな〜そして静岡へ約4時間ほどの列車の旅が終了。次回は静岡のお客さんおすすめ大井川鉄道へ行ってみたね〜
c0197505_0415953.jpg

[PR]
by sakuben | 2015-12-16 00:43 | train

松本から静岡へレイルウェイ①

c0197505_23214030.jpg
c0197505_164798.jpg

ハックル&ノロッスのツアーで6日の松本が終わり、ノロッスチームは次の日の朝から静岡の小学校での訪問ライブがあったためすぐに移動、残された僕とたけ兄は松本泊して、次の日に電車で静岡へ向かうことにしました。鉄ちゃんな僕としては、こんないい機会はないと喜んでノロッスチームを送り出し、松本での夜をわくわくしていた。行程としては松本からあずさで甲府まで行き、甲府から身延線、特急ワイドビューふじかわで静岡まで。いたって簡単だ。
c0197505_0543414.jpg
c0197505_0552285.jpg

7日、天気は快晴。松本駅から雪を被った北アルプスが綺麗に見えている。山の囲まれた街で過ごす日々というものにとても憧れるな〜駅の蕎麦屋でまずは朝食がてら蕎麦をすする。せっかく松本に来てるんだからね、朝蕎麦だ。そしてみどりの窓口にて切符を買う。乗車券、特急券合わせて7660円...ほんとはローカル線で各駅停車でも良かったんだがそれでは静岡のライブに間に合わないので。金額がかかるのは覚悟の上なのだ。
c0197505_0565471.jpg

そして松本からスーパーあずさで出発!このスーパーあずさE351系はフォルムがほんとかっこいいな。顔は違うけど国鉄時代の183系の面影が少し残っている気がして側面から斜めに見るのがお気に入り。そしてこのあずさは出発して右側が北アルプス、その後は左側に八ヶ岳、そしてまた右側に南アルプスと写真を撮るには忙しい。切符拝見の車掌さんに席を移るたびに説明、申し訳ないが仕方ない。たけ兄は鉄の世界に付き合ったばかりに高い切符代を支払い、安定した眠りの世界。そして1時間ほどで甲府に到着。
ここから身延線。次回に〜
c0197505_056284.jpg

c0197505_0573820.jpg

[PR]
by sakuben | 2015-12-15 01:09 | train

箱根旅情

久しぶりのブログです...
c0197505_23284566.jpg
c0197505_232948100.jpg

先日箱根に行ってきました。ロマンスカーに乗り、日帰り温泉に入ってご飯を食べてくるのが僕のささやかな贅沢時間、老人か...(笑)。なによりロマンスカー好きなので。
今回タイミング良くLSE7000形に乗れ、ラッキーでした〜さすがに展望席ではないですけどね、やっぱりこのカラーなんですよ、ロマンスカーは。新しいVSE、MSEもいいですけどね、伝統を思えばこのLSEの昭和な感じたまりません。正面の「はこね」って最高でしょ。シートのクッションも少し萎びて、何人ものお客さんを乗せてきたいい感触なんです。前にも書いたかと思うけど、鉄道模型にはまっていた幼少のころにこのLSEの車両を持っていたんですよね〜発光ダイオードのライトが点いて、かっこ良かったなぁ〜その頃はもちろん草加にいた訳で、東武線だったんですけどね。小田急の方が好きだったんですかね...

箱根は噴火の影響で確かに人は普段より少ないようでしたけどね、噴火レベル下がったようだし、また賑わうことでしょう。仙石原が素晴らしかった〜
c0197505_2330565.jpg

[PR]
by sakuben | 2015-11-21 00:28 | train

twilight

昨年の今頃東京は大雪でしたね。
いつもの風景がいっぺんして変わって大変だったのを、よく覚えている。
今年もまた降るんだろうな〜

先日大雪で寝台特急トワイライトが、足止めし動かなくなったとニュースになっていましたが、そんな嬉しいことはないなと、羨ましかったな〜実際にお客さんはみんな嬉しそうでしたね。そりゃそうだよね。高いお金払っているんだろうし、少しでも長く乗っていられるなら最高だよなと。こないだの「オリエント急行殺人事件」を思い出しましたよ。

移動手段、交通手段というのは旅にとっての重要なファクター。そして列車の旅というのは、なお格別なんです。寝台特急トワイライトも、もう終わりですもんね。乗ってみたかったな〜

写真は先月松本に行った時のスーパーあずさです。ただの電車おたくです。
c0197505_239232.jpg

[PR]
by sakuben | 2015-02-10 02:43 | train

11/6 出雲から広島へ

遅れてしまっている僕のブログ、思い起こし作業でようやく11/6。
がんばります〜!
c0197505_2317799.jpg
c0197505_2318032.jpg

サンライズ出雲で出雲市に到着した僕は、在来線の一畑電車に乗って出雲大社へ向かいました。この一畑電車は、映画「RAILWAYS」で使われていた線なんですね。その味わい深い旧車両に乗れれば良かったんですが乗った車両は、ゆるキャラ電車「しまねっこ号」...女子パワーが凄い...
一度乗り換えがあって一般車両で出雲大社駅へ。のどかな日本の良き田舎の風景がゆっくりと流れて行きます。そして出雲大社駅到着。山口兄弟と牧野さんと合流して出雲大社へ向かいました。
c0197505_23192843.jpg
c0197505_2318424.jpg

c0197505_23222311.jpg


彼らは筋肉痛と戦っていましたが、それもまた羨ましい限りでしたよ。出雲大社はこの時期、平成の大遷宮でやっぱり人は多かったね。でも平日でこれだから休日は考えられない混みようだろうな。さすが神様の集まる場所。僕もしっかりと手を合わせて来ました。正直言うと僕は神様は、千の風に...じゃないけどある一定の場所にしかいないなんて思っていなくて、いつもどんな時にでも僕らを空から見ている、だからどこにいたってお参り、お祈りしたって構わないんじゃないかって考えではあるんだけどね、せっかくのお宮だし、そんなこと言っててもね...僕がみんなで行こうって言い出した話しだし。旅の安全を願ってきました。
c0197505_2319932.jpg
c0197505_23205330.jpg
c0197505_23204947.jpg

そして出雲そばを食す。小さめの皿に分けて入っており、それぞれつゆをかけて食べる。少し変わった蕎麦だったけど美味しかった〜牧野さんは食に拘る人なので今回一緒に回っておいしいものいっぱい食べてます。せっかくの旅だからね。そして広島へ向けて車を走らせました。途中で寄ったパーキングで落ち葉がとても素晴らしかった。今回山陰ではライブはなかったんだけど、とてもいい旅のクッションになり行ってよかったな。今度は歌いたいものだね。
夜に広島へ到着、はじが前回来た時においしかったというお好み焼き店へ行き、明日に備えました。
c0197505_2322280.jpg
c0197505_23213685.jpg

[PR]
by sakuben | 2013-11-24 23:31 | train

サンライズ出雲

静岡でまさか寝台特急を待つとは、なんだか不思議なもんだね。これだから旅はおもしろいよ。前回書いた通り、僕は一人で静岡へ来て、ケーブルテレビの収録を行い、また山口兄弟、牧野さんと合流するため山陰へ戻るのです。

この日に戻るとすれば、もうこのサンライズ出雲しかなく、最初はチケット取れなかったから広島へ先に向かい彼らの到着を待つつもりだったんです。でも訊いてみるもんですね、偶然にも一枚しかもシングルでキャンセルがあるとは!11/6はメンバー達と出雲大社へ行く予定だったから、どうしても戻りたかったんです。それが通じたかな〜
c0197505_064346.jpg
c0197505_074882.jpg

そして誰もいない静岡駅のプラットホームに20分前に上がり、興奮しながらも静かに待っていました。食堂車などないのはわかっていたので、ある程度の食料、飲み物は買っておきます。そして流れるようにサンライズ出雲が到着。リッチなホテルのような車両。2階建てで運良く上の階でした。しかも最後の車両の一番最後尾の部屋。そう個室なんです。
c0197505_011271.jpg

c0197505_082239.jpg

c0197505_091777.jpg

僕が夜行列車で歌ったブルートレインも当時ではとても豪華に感じられ、なんて贅沢なんだと思ったけど比べものにならないほど行き届いている。車掌が乗車券、寝台特急券の確認に静かに現れる。まるで999みたいな気分だ。部屋の広さは十分くつろげる大きさで横にギターがちょうど置けた。窓ガラスが天井の一部まで上がっているので狭苦しさなど感じさせない。実にリッチな車両だ。これは人気があるのもうなずける。

夜行列車で歌ったその光景が今ここにあり、もう十分歳を重ねたにもかかわらず、やっぱり流れる車窓が好きだった。変わらない自分を実感した瞬間でした。なんだかギターをつま弾いてみたくなったんですよ。強く弾く訳にはいかないですけどね、ロマンチックな時間だった〜
c0197505_0213648.jpg

この日長いこと移動して、収録、そしてまた移動で確かに疲れてた。横になって少し眠ろうと電気を消したらガラス窓の向こうに星空が一面広がった。横になりながら車両にゆられ、星空が少しずつ動いてく。笑っちゃうけどなんだか涙出そうでしたよ。

日常はいつも変わらずそこにあって、ただほんの少し違った手段で眺めてみると、世界はまた違って見えてくる。レール音がとても心地よかった。
c0197505_0262125.jpg

c0197505_014502.jpg
c0197505_0144034.jpg

c0197505_0153957.jpg


さすがサンライズとだけあって、朝日はとても素晴らしかった。こんな気分で「アサヤケ」を創った気がするね。そして岡山まで来たところでサンライズ瀬戸と出雲と切り離す。この時に7分停車するので連結部分に走り写真撮りまくり。もう鉄っちゃんさらしまくりです。
ここから「やくも」で走って来た伯備線に入り米子へ。一日にして戻って来た。こんな移動は今までにないね、でもまったくもって元気なのである。宍道湖を横目に10時頃、出雲市駅に到着。
c0197505_0165151.jpg
c0197505_017449.jpg


僕の知っているブルートレインは、夜行列車の歌詞の通り、向かいの席に知らない人がいたりして空間を他人と共有していた。なので知り合えた喜びもあれば、疎ましく思う時もあったりとそれはそれでいいものだった。サンライズにはそういった部分はまったくなくプライベートがしっかり確保されている。これが今に求められる寝台列車の形なんだろうね...実にいい贅沢な快適車両でした。電車好きにはたまらないな〜また乗ってみたいです。
[PR]
by sakuben | 2013-11-23 00:39 | train

11/5米子から静岡へ

c0197505_1164357.jpg

さてさてすっかり遅くなってしまったこのサクブログ。
米子からですね。早くしないと〜11/5米子で朝を迎えました。当初皆で大山(だいせん)に登るはずでしたが、静岡でケーブルテレビの出演の話しがあり、僕だけ静岡へ向かうことになりました。なので、ここから大山の話しは、はじのブログをどうぞ。実にいい紅葉で羨ましい...僕は米子駅で皆と別れ、一人静岡へ向かいました。でも長い列車の旅はいいものです。まずは9時に「特急やくも」に乗り、岡山へ。このL特急タイプの車両最高です。
c0197505_1121234.jpg

c0197505_1132531.jpg
c0197505_1145761.jpg

c0197505_1204915.jpg

山口兄弟、牧野さん、そしてなぜかケンさんもいた大山を左に、山あいを抜けて伯備線を南下して行きます。もやがかかったのどかな山もまたいいものです。特急でもカーブが多いから結構ゆっくりでしたが、2時間ほどかけて岡山へ到着。ここから新幹線です。ちょうど500系がなぜかプラットホームに入っていました。この先端はほんと強烈だ。そしてのぞみで名古屋まで。先ほどの「やくも」が嘘だったみたいに信じられない速度で突き進みます。あっという間に名古屋到着。ここで浜松まで行くため今度はひかりに乗り換えです。
c0197505_1251534.jpg
c0197505_1255357.jpg

c0197505_127929.jpg

c0197505_1283591.jpg


この間で少し時間が空いたので、ホームのきしめんを頂く。ここは昔から結構好きで食べていましたね。立ち食いでも十分美味い!少しだけ名古屋に触れて、浜松へ。浜松には14時ぐらいに着きました。ここから在来線に乗り、目的地の藤枝へ。15時頃到着。

今回はTOKAIケーブルネットワークさんの番組MUSIC PARTYに出演しました。この番組はタイムスリップの金吾さんが司会をしています。もちろん金吾さんから話しがあり出演させて頂きました。久しぶりのテレビに慣れない感じで緊張しましたね。なんだかキョロキョロしていましたよ。1曲生で「記憶」を弾き語りしています。11/16〜11/30まで全国19局のケーブルテレビでリピート放送されますので、機会がある方は是非ご覧なってください〜
c0197505_1292274.jpg
c0197505_1293010.jpg


そして夜に収録が終わり、僕は静岡駅へ移動し深夜0時20分を待ちました。その時間は憧れの寝台特急「サンライズ出雲」の出発時間。なんと奇跡的に1枚だけキャンセルがあり乗れることになったのです!その話しはまた次回に。

金吾さんありがとう〜
[PR]
by sakuben | 2013-11-22 01:34 | train

MSE

3/23から小田急の下北沢駅がとうとう地下になると...東急の渋谷駅も引っ越しだしね。
時代の流れなのかな...キレイな駅はいいけども、その分それぞれの駅のカラーがどれも同じようで個性がなくなってしまったのも事実。老朽化ってこともあるからね〜

この間北千住の千代田線ホームで運良くブルーのロマンスカーと遭遇しました。いいですね〜このタイプMSEはまだ乗った事がないんです。ギスギスした東京の中を颯爽とすり抜け、箱根まで。誰もが飛び乗って温泉に浸かりたい〜なんて思うんじゃないかな。
せわしなく行ったり来たりする地下鉄のホームを横目に、ロマンスカーで優雅に走り抜ける。こういう優越感ったらないね。
c0197505_256342.jpg

[PR]
by sakuben | 2013-03-14 03:19 | train

地上へ

c0197505_1363931.jpg

地下鉄が地上に上がる時の爽快感が好きです。
みんな好きじゃないかな。

京王線だと笹塚、千代田線だと代々木上原とか、丸ノ内線は途中の四谷駅。あそこは有名だよね。日比谷線は南千住に上がっていくところ。

小さい頃から東武線、日比谷線を多く利用してたから、この地上に出る辺りのカーブが続く感じやブレーキ音、光の入る感じ、素朴な千住の町並みなど慣れ親しんだ光景だ。
それでも僕が草加を離れてから大きく変わった点として、スカイツリーがある。
今ではスカイツリーラインなんて名称にもなってるみたいだし...

三ノ輪から出発した日比谷線が、ゆっくり上がって行く。
徐々にトンネルに光が入り込み、右手にスカイツリーが現れる。でかっ!
さすがにインパクトあるね。たいして色味のない南千住の町並みに異様な程の存在感で立ち尽くしているその様は、なんとも言えないミスマッチ感は否めないけど、いつも利用してる人達にとってはもう当たり前の光景。誰も気にしている様子はない...僕はリハで日比谷線を利用する時の、密かな楽しみにしている。

明日は今年初のライブです。楽しんで行きたいと思います!
■2013/01/25(金) #カケカエノナイオト
 会場:下北沢CLUB Que
 開場:18:30 開演:19:00
 出演:ハックルベリーフィン / FREENOTE / LOVE LOVE LOVE
 チケット12/14~:ローソン、e+、
 前売¥2,700 当日¥3,000 (D別)

出番は19:55の予定です!
ご予約はinfo@huckle-f.comへ。僕のtwitter、facebookでもOKです。よろしく!
c0197505_1354518.jpg

[PR]
by sakuben | 2013-01-25 01:48 | train

鉄道の日

c0197505_395933.jpg

今日14日は鉄道の日らしいですよ。初めて鉄道が走ったのがこの日だったらしいです。
ところで電車の振動ってなんであんなに心地いいんだろうね、ついウトウトしちゃうよね。僕は車窓が好きながらも、ウトウトすることもしばしば...仕方ないな。

少し前のことだけど、電車に乗っていた時に席が空くと立ってる人に教えてあげるちびっ子がいました。「オジさん!そこ空いてるよ!」「オバさん!あっち空いてるよ!」
最初は知り合いのオジさん達に言ってるのかと思ったら全然知り合いじゃないみたいで...言われた方もびっくりしちゃってね、立ってるからいいんだよって教えてもらったオジさんは、ばつの悪そうに言ってたけど、その子もよく通る声なんだよね。「早く座らないと取られちゃうよ!」って。可笑しくも微笑ましい光景でした。

写真は江の電とこないだの神戸からの新幹線車内。
まったく真逆の種類の電車だが、それぞれの良さがあり比較にはならないのであ〜る
c0197505_384040.jpg

[PR]
by sakuben | 2012-10-14 03:28 | train