山下達郎 performance 2015-2016

c0197505_23554226.jpg

昨日、中野サンプラザにて念願の山下達郎ライブに行ってきました!
幼い頃から聴いていたあの声をリアルに生で聴き、当然のように普段の生活の中に入り込んでいた、いわゆるヒットソングの底知れぬ力を感じ、もう胸いっぱいでした〜!正にKING OF POP!40周年という節目でのライブ。MCではなかなか毒づいたことも言ってましたが、しっかりと王道ソングも取り入れながら3時間超えのセット。還暦過ぎても声はまだまだ充分に出るし、さすがとしか言いようがないほど演奏もタイトに心地いいグルーヴがたまりませんでした。そしてMr.テレキャスター、70年後期のフェンダーでキレのあるカッティング!このサウンドか!と生で聴ける喜びを噛み締め一曲一曲じっくりと聴き入りました〜ロック慣れしている僕には序盤誰も立ち上がらない感じと全体的に音が小さいことに戸惑いましたが、AOR、ポップスではこういうものですよね。すぐに慣れて返って落ち着いて見れました〜

中野サンプラザは達郎さんが音が良くお気に入りの場所と聞いてたんですけど、MCで音は悪いけどシュガーベイブの時からやってきているから愛着あるといったことを話されてて、あれ?そうなのかと...でも近々無くなってしまうことを名残惜しんでいました。

印象的なMCに達郎さんの活躍が盛んだった当時、音楽はカルチャーの中心だったのでラッキーな時代に恵まれたと...
今でも僕にとって音楽はカルチャーの中心ですけど世間にとっては必ずしもそうではないですよね。なんでも手に入りやすい時代になった昨今、音楽の立ち位置はどのぐらいのものなんだろう。そんな時代の移ろいの話しを交えながら、一曲一曲を丁寧に歌い深々と頭を下げ、バンドメンバーを立てるその姿に音楽に真摯に向き合ってきた、まるで武士のような本物を見たような気がしました。って本物なんですけどね(笑)。

PS:物販いっぱい買っちゃいましたわ〜
c0197505_0171472.jpg

[PR]
by sakuben | 2015-11-24 00:29 | music


<< アルペジオの輪 胸キュン☆アルペジオ >>